◆だいぶ低コストのリースです……

 このリースは、いけばなの稽古場のゴミ箱から拾ったもみの木で作りました(毎年こんなことをやっています)。
 ゴミの中から、使えそうなところを選んで使ったので、量が少なく、「薄手」なリースベースになっています。

 ベースが薄いために、重厚なオーナメント類が似合わなくて、飾りは細いリボンだけにしました。そのリボンは、こちらのガーランドを作ったときに半端に余ったものでして、とってもあり合わせな材料ででっちあげた感じになりました。

 作った本人は、「ゴミと半端リボンだけ」で作ったことが分かっているので、
「安っぽいかなあ」
と思っていたのですが、もみの木の緑と、リボンの赤・金の色のおかげか、とてもクリスマスらしいと言ってもらえるリースになりました。

スポンサーリンク

◇使用したもの

 以下のものを使用して作りました。

【1】もみの木

 いけばな教室のゴミ箱から拾ってきたもの。この中から、使えるところだけを切り出して使いました。

【2】ワイヤーの枠

 ワイヤーで丸い形を作ったもの。リースの芯になります。

【3】ワイヤー……もみの木のパーツに取り付けるワイヤー
【4】リボン……飾りつけ用と、吊り下げ用

◇手順1……もみの木でパーツを作る

  樅の木の切り分けとワイヤーかけは、うさぎのリースのページでも書いているので、そちらを参照ください。

※ものすごくはしょった手順説明ですが、お許しください(結局、毎年同じことを書いちゃうことになるので)

◇手順2……リースベースを作る

 リースベースの作り方も、うさぎのリースのページを参照ください。なんか手抜きみたいな書き方ですけど、ホントに毎回同じ説明になるので、ご容赦ください。

 で、そうやって作ったものがこれです。

 ワイヤーのリングにもみの木パーツを取り付け、リースベースに仕立てました。もう少し、リングの直径を小さくすればよかったかな……と思いました。
 なぜそう思ったのかというと、要するに、使えるもみの木パーツの量に対して、枠が大きかったのです。もみの木の使えるところを選んでいったら、意外にパーツにできるような枝先が少なく、準備した枠ではやや大きすぎたのでした。

 ホントのことを言うと、パーツを作り終えた時点で、「やや大きいかも?」というのは気づいていました。でもまあ大丈夫だろ、ということでベースを作り始めたら、パーツの量がギリギリなので、いつものようにぎっしり詰めたベース作りをすることができず、妙に薄くて軽々しいリースになってしまいました。
 もちろん、ワイヤーが透けて見えるようなことはなく、真っ当なリースベースに作ったのですが、うちで作るリースは、いつでも厚みたっぷりで、ぎっしり葉っぱが詰まっているものばかりなので、たまに薄いものを作ると、作った本人がもの足りなくなってしまうのですね……。

◇手順3……飾りをつける

 上にも書きましたが、このリースは「薄手」なので、少しボリュームのある飾りが似合わないように、私には感じました。
 そこで、シンプルにリボンだけにしよう、そのリボンも細めのやつにしよう、ということにしまして、画像のようなリボンの装飾になりました。



 ループリボンにワイヤーをかけて留めつけました。リボンを5個にしたのは、五個作ったらリボンが無くなったからでして、別に6個でも7個でも良かったと思います。(4個は少ないかな〜と思います)

◇出来上がり

 というわけで、こんなリースができました。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.