◆リボンを結ぶだけで出来ます!

 説明するのも恥ずかしいほど、簡単なガーランドの作り方を紹介します。マジで、これよりも簡単なフレッシュ樹木のガーランドは、「枝を、そのまま壁に吊るす」しかないと思います。

 この記事で紹介するのは、上の画像のタペストリーの左にある、リボンと小枝のガーランドの作り方です。ガーランドだけを撮ると、やけに長ほそ〜〜い画像になってしまうので、うちでリアルに飾っている状態=「タペストリーと一緒に飾る」のまま、写してみました。

 このガーランドは、本当に「リボンで結んでいくだけ」でできます。分かる人には、上の画像を見るだけで、「多分、こうやって作るんだろう」と分かると思います。
 なので、改めて「作り方の手順」など解説するのが申し訳ないくらいなのですが、こういう本格派ガーランドなんぞよりも、余程実用的な情報かもしれないと考え、一記事を立てることにしました。

スポンサーリンク

◇結ぶだけです!

 見ていただくと分かると思いますが、本当に結ぶだけで作れます。結び方も、絶対に誰でもできる「一重結び」です。つまり、作業のほとんどは、幼稚園児でもできるレベルです。
 作るのに必要な時間は、私は15分かかりませんでした。しかも、一番時間をかけたのは、装飾用のリボンの作成でして、ベースになる「枝をつなぐ」ところは、2〜3分だったように思います。

 とにかく、簡単です。失敗することがあるとすれば、「リボンの色が気に入らない」みたいなことしか考えられません。

◇使用したもの

 以下のものを使用して作りました。

◇私にとっては、このガーランドに二つの意味があります

 このガーランド作成に使用したサイプレスの小枝は、二種類のリース(二重リースサイプレスのリース)とクリスマスツリーを作った後の、中途半端に残ってしまった枝でした。
↓こんな感じで余っていました。


 このくらいの量だと、リースや、そのほかの仕立物を作るには、かなり少ないです。ほかの素材をメインにして何か作り、余りサイプレスをそこに混ぜ込んで無駄なく使おうか、とも思ったのですが、すでに色々なものを作った後だったので、もはや工夫して手間のかかることをする気がなくなっていました。

 そこで、ただサイプレスの小枝を紐か何かで縛って壁につるし、気取らない素朴な飾り物にして、なんなら、サイプレスの枝が必要になったときに(リースの補修枝が欲しくなることなどがあります)、そこから1本2本と枝を抜いて使えるような、「飾り物でもあり、枝のストック場所でもあるもの」を作ってみたらどうかと思いました。
 上記のように、最初は「紐か何かで縛ろう」と思っていたので、麻紐を使おうとしていました。しかし、道具部屋をあさっていたら、いかにもクリスマスっぽい、赤×ゴールドのリボンが半端に残っているのを見つけたので、急遽それで作ることにしました。
 赤と金の力で、当初私が思い描いていたイメージよりも、だいぶ華やかなものが出来上がりました。

◇手順1……枝を、大体同じ長さに切る

 本当に、大体でいいです。
 手元にある枝の長さを生かして作るほうが良いと思うので、「何cmに切りましょう」とは書きませんが、参考までに、私が使った枝が何cmくらいだったかと言いますと、10cm弱〜15cm強くらいの間でした。

 大雑把にそろっていれば大丈夫です。少しばらつきがあるくらいが、ナチュラルな感じで良いように思います。
 私自身の作業では、元々リース用に切ってあった枝のため、ほとんど長さがそろっていたので、特に「切りそろえ」はしませんでした。

◇手順2……枝をリボンで結ぶ

 枝を、リボンで結び合わせていきます。

 私が使ったリボンはコレです。

 この色のおかげで、クリスマス色が強まりました。しかし、特に赤系を頑張ってそろえなくても、きれいに見えるリボンで、結ぼうとしている枝の色と相性が良さそうと思えたら、何でも良いと思います。私が最初に使おうとしていた麻紐だって良いと思います。

 このリボンを使い、2本くらいずつ取った枝を、一重結びでつなげていきます。

 もっと太い枝なら、一本ずつ結んでも良かったのですが、枝が細いので2本は取らないと弱いように思いました。

 結び方は、上の画像の通り、本当に一重結びだけです。
 最初の枝の束を、一重結びでくくり、そのリボンの先で、また枝の束を一重結びで結び……というのを繰り返すのみです。

 下の図のように、リボンに一重結びの結び目をたくさん作っていくというのは、誰でもできますよね。



 この結び目に、枝が一緒に結ばれている、というのが、このガーランドの構造です。

↓つまりこういうことです。


 そうやって作ると、こうなります。

 枝が、斜めに傾いているのは、計算してやったことではなく、結んでみたらこうなっていました。あまり想定していなかったことでしたが、別に不都合は無いので、これで良しとします。

 どちらかの端に、フックに掛けられるような輪を作っておくといいです。


 ガーランドの長さや、枝の束の数などは、そのときの材料の都合で決めれば良いと思います。結び目と結び目の間隔も、そのときの感じで決めていいと思います。うちのガーランドは、結び目の間隔は5〜6cmくらいで作っていますが、これもなんとなくで結んでいった結果です。

 ……というように、すべての枝を結び、壁にも掛けられる状態になったところで、私は「これにて完成」と思っていたのです。実際、タペストリーの横に吊るしたら、これだけで十分「クリスマス的にぎやかし」になってくれていたのです。
 しかし、リボンが半端に残ってしまっているのを見まして、「もう少し装飾してやったらどうかな」と思いました。(リボンが余らなかったら、この状態で完成にしていたはずです)

◇手順3……ループリボンで飾りつけ

 余ったリボンで、小さなループリボンを作ってつけることにしました。
 ガーランドの本体が細いので、あまり大きなリボンではバランスが悪いと思ったからです。

 ループリボンの作り方は、こちらで記事にしていますが⇒花屋さん式リボンの作り方 特にループリボンにこだわらず、普通に蝶結びでもいいです。とにかく、作ったリボンにワイヤーをかけ、ガーランドの芯になっているリボンに、大体等間隔に留めていきます。

◇出来上がり

 すべてのリボン(このガーランドの場合は5個でした)を付けたら、出来上がりです。


 うちではこんな風に飾っています。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.