◆サイプレスのミニ・クリスマスツリー:作成記録(1)

 上の三つのミニ・クリスマスツリーは、同じツリーの装飾を変えて、三回写真を撮ったものです。
 ツリーのベースとなっている木は、サイプレスというコニファーで、いけばな花材として買ったものです。コニファーは、水から離しても長いこと緑を保つので、リースのように水を使わない飾り物にすることもできますが、今回作ったツリーは、ちゃんと生きて水を吸っています。

 このツリーは、かなり小さく、こちらの二つのリース→サイプレスのクリスマスリース サイプレスとスーパーレディのクリスマスリース を作った残りで作ったものです。

 少量の枝で小さく作ったツリーですので、あっという間に作れ、模様替えするのも簡単です。
 例によって、家にあるものを駆使して、新たな出費をせずに作ったクリスマス飾りです。毎度同じような飾り付けを使いまわしていますが、ご容赦くださいませ。

スポンサーリンク

◇用意するもの

 ベースとなるツリーは、下記のものを使って作りました。
  • サイプレスの小枝
  • 空き瓶
  • ラッピングペーパー(キレイな包装紙でも十分)
  • 輪ゴム
  • リボン
 ごく小さなツリーなので、サイプレスの小枝も少量だけ、空き瓶も小さなもので済ませました。(大きな入れ物にたくさんの枝を入れれば、大きいものも作れます)

 飾りつけは、下記のものを使いました。
 最初は、上記の四種類の飾りだけでしたが、後に雪に見立てたエンゼルヘアを掛けてみたりもしました。この辺は、お好みでどうぞ。

◇工程1……サイプレスの小枝を、空き瓶につっこむ

 今回使用したサイプレスの小枝は、リースを作るときに切ったものを流用しました。

 小枝の長さは、大体10cm〜20cmくらいで、一定の長さにはせず、元々の小枝の長さで切っています。一番長い枝は、24cmありました。全部の本数は、数えていませんが、多分、10数本です。サイプレスの量は、本数でそろえるというよりも、「空き瓶の口がいっぱいになるだけ」というそろえ方をしたので、「数」は重要ではありません。

 で、大体このくらいで空き瓶の口にいっぱいになるかなあという量をガサッとつかみ、


 水を入れておいた空き瓶に……


 入れます。

 瓶の口径と、小枝の量がつりあっていれば、簡単に直立してくれます。

 ツリーの樹形が、上の画像のように「あまり横に張らずに長細い」のでよければ、このままでいいです。
 しかし、私は、樹形をもっと三角形に近づけたかったので、横に出る枝を加えていきました。

 つまり、こういう枝を加えていくのです。

 こういう枝を、下の画像の赤線みたいに加えていくと……


 このくらいの「三角形感」は出せます。


 縦長ツリーにするか、横張りツリーにするかは、お好みと、材料の余裕の有無、飾る場所のスペースの大きさなどで決めれば良いとおもいます。
 私は、この画像のように、少し横に張らせましたが、最近の「ちょっと抽象的なツリーの飾り物」は、スマートな縦長ツリーが多いですから、そんなに頑張って横枝を出さなくてもいいのではないでしょうか。

 サイプレスのような、柔らかなコニファーは、枝が少し暴れていても、手でクセ付けるだけでこっちの思う形になってくれます。
 上の画像を見ていただくと、最初に瓶に入れた時点では曲がっていたトップの枝が、「三角形感」を出した時点ではまっすぐに上を向いていることが分かると思います。これは、途中で、下の画像のようにして、トップをぎゅっと握り、まっすぐにクセ付けしたからです。

 ツリーの樹形は、あまり細かいことを考える必要は無いと思いますが、トップだけは、曲がっているとちょっとかっこ悪く見えることがあるので、直せるものならまっすぐに直しましょう。

》》飾りつけは次ページで!!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.