◆ひむろ杉とリボンのガーランド

 今年も、一つはガーランドを作ろうと思っていたところに、わりと大量にひむろ杉をゲットすることができたので、そのひむろ杉を全部使い、できる限り長いガーランドを作ってみました。(ガーランドの説明は、こちらの記事を参照ください⇒クジャクヒバのクリスマスリース
 ベースは例年通りの作り方なので、毎度おなじみの作り方になってしまいますが、いくつか作成画像を撮っておいたので紹介したいと思います。(例年通りの、行き当たりばったり作成です!)

スポンサーリンク

◇使用したもの

 以下のものを使用して作りました。

◇手順1……ガーランドのベースを作る

 ひむろ杉をパーツに切り分け、ワイヤリングして、それを麻紐に留めつけ、帯状のガーランドを作ります。

 本来、ひむろ杉をパーツに切り分けるところからの手順説明をするべきですが、毎度同じ説明になりますので、
パーツの切り分けについてはこちらを⇒2015年 ひむろ杉のリース
ワイヤリングについてはこちらを⇒ワイヤリング
帯状のガーランドの形成はこちらを⇒2015年 クジャクヒバのガーランド
それぞれご参照いただくことにさせてください。

 で、パーツをガーランドに作ったものがこちらです。

 単一の素材で作っているので、シンプルなベースです。もっと、ベース自体に変化が欲しければ、ほかの樹木を混ぜるといいです。
 このガーランドは、大体120pくらいの長さになりました。

 今、しみじみと上の画像を見ると、「もうちょっとキッチリ作ればよかったかな」と思います。両端がかなり凸凹していますよね(よく言えばナチュラルな形なのですが)。

◇手順2……飾り付けを考える

 今回は、作り始める前に、どのくらいの長さになるかを全然予測しなかったので、ベースを作り上げるまで、飾りをどうするか何も考えていませんでした。(超行き当たりばったりでやっています)

 ベースを作ってみてから思ったことは、わりと長め(我が家で作るものにしては)になったので、
  • はっきりしたポイントを作ったほうがいいかも
  • 数がそろっているオーナメントを使わないと、全体を同じ感じに飾りつけられない
  • 長さだけで十分迫力があるから、そんなに騒がしいオーナメントでなくていいだろう
というようなことでした。

 そんな感じで、まず考え付いたことはトップの方に割りと大きなオーナメントをつけて、そこから赤いリボンを下にたらし、長いガーランドの「一本の直線」っぷりを強調してみたらどうだろう、ということでした。

◇手順3……松ぼっくりをつける

 上の項で考えたような「割と大きなオーナメント」を家の中で探し、まあ松ぼっくりならいいんじゃないかと思いまして、三つの松ぼっくりにそれぞれワイヤーをかけ、ガーランドのトップの方に留めつけました。


 うちでは、オーナメントは作りながら探しますし、基本的には「わざわざお金を出して買ってくる」ことはしません。なので、今年も毎度のごとくに、行き当たりばったりで飾り付けを進めていきます。

◇手順4……リボンをつける

 手順3で考えたようにリボンをつけるには、そこそこ幅広のリボンが必要だと思いまして、そういうのを探しました。そして、やはり赤リボンがクリスマスらしくていいかなというところに落ち着きました。

 というわけで、これを使います。

 リボンを、ガーランドにあわせて「大体これくらい」という長さを確認して切り、両端をV字カットします。

 このリボンは、結ばずに、ガーランドの真ん中に一筋垂れるようにしたいと思います。つまり、平たいままのリボンをガーランドに留めつけなければなりません。
 留め方はいろいろあると思いますが、今回はワイヤーをかけて留めることにしました。

 まず、針で、リボンの生地から、糸1〜2本をすくいます。


 そうすると、針を抜いても、針ですくった部分の糸が浮いています。


 糸の浮いているところに、細いワイヤーを通します。


 これを表から見ても、ワイヤーはまったく見えません。


 このワイヤーで、松ぼっくりをつけたすぐ下に、リボンを留めつけます。

(しまった。松ぼっくりとリボンだけをつけた状態の全体像を撮っておけばよかった)

◇手順5……3種類のオーナメントをつける

 金サンキライ、ナンキンハゼ、ヒオウギの実の三種類の素材に、それぞれワイヤーを掛けて、赤リボンの両側に並ぶように留めつけました。

 3種類の並び順は、ごくいい加減です。

◇出来上がり画像です

 すべてのオーナメントを付け、このような出来上がりになりました。


 冷静に画像を見ると、オーナメントにも赤が入ったらよかったんじゃないかとか、リボンをもう7〜8cm長くしても良かったんじゃないかとか、細かい反省点は色々あるのですが、実物を目の前にすると、ひむろ杉の長いベースの迫力がすごいので、あまりアラが見えません。
 家庭用なら、ま、これでも十分でしょう。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.