◆シンプルなコニファーのクリスマスリースです

 このリースは、こちらのリースを作ったときに余った枝で作りました。
 本来、作ることを予定していなかったリースなので、資材の用意もほとんど無く(これはいつものことなんですが)、そのおかげでシンプルになりました。しかし、生のリースはシンプルでもステキなので、作った本人は満足しています。

 特に変わった作り方をしているわけではありませんので、目新しい情報はないかもしれませんが、一応作成手順を書いてみました。(かなり省略して書いてますけど)

スポンサーリンク

◇使用したもの

 以下のものを使用して作りました。

◇手順1……リースベースを作る

 サイプレスの枝だけを使い、丸いリースベースを作ります。
 サイプレスの切り方や、円形の作り方は、このリースの作り方とまったく同じなので、そちらを参照ください。

 で、できたものがこれです。

 多少飛び出している枝がありますが、そこは最後に微調整することにして、先に進みます。(記事を最後まで読むと分かりますが、結局、「あまり目立たないからいいや」と思って、微調整しないで済ませてしまいました。横着……)

◇手順2……飾り付けを考える

 普通は、作り始める前に飾りつけを考えるのですが、私はいつも、リースベースができてから、家の中でオーナメント探しを始めます。

 今回は、あまり大型のオーナメントをたくさんつけるのはやめようと思いました。理由は、出来上がったリースベースが、なにやら線が細く、ごてごてと飾るのにふさわしくないように思ったのです。
 じゃあ、オーナメント無しの、究極にシンプルなリースにしようかな、とも思いましたが、それはそれで貧弱なような気がしました。
 そこで、オーナメントは数を抑えて一箇所に集中させ、オーナメント無しの部分は、足を長く下ろしたリボンで貧弱さをカバーしようという作戦にしました。

◇手順3……飾りをつける

 3種類のオーナメントとリボンには、すべてワイヤーをかけ、リースベースに留めつけました。

 苦労した点は何も無く、オーナメントの数が少ないために、ワイヤリングも少なく済んで楽チンでした。
 強いて言うなら、リボンの足を下ろす場所にちょっと迷いましたが、それも「大変」だったわけではありません。

◇出来上がり画像です

 というわけで、こんなリースができました。



 色合いが抑え目で渋い割りに、リボンと金ヒイラギで分かりやすいクリスマスになっているためか、今年作ったものの中で、素人さんに一番人気なのは、今のところこのリースです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.