花のお稽古に使った後に、ドライフラワーにしたスーパーレディで作ったリースです。私としては珍しく、ワイヤーを使わない仕立てにしました。ワイヤーの変わりに、花を固定しているのはテグスです。

 ワイヤーを使わないので、手が痛くなることもなく、時間もあまりかかりませんでした。いや〜テグスでリースを作るのがこんなに楽だとは思いませんでした。
 すごく楽に作れたので、思わず作成の手順を公開します。例によって、わりとアバウトで行き当たりばったり製作なのを、あらかじめお断りしておきます。

スポンサーリンク

◇使用したもの

●スーパーレディ2色……たまたまあったスーパーレディ2把分(自分が使った花材事典スーパーレディローズスーパーレディパープル

●リボンのきれっぱし……何かに使ってシワシワになったけど、でも「高級リボンだから」という理由で捨てられなかったリボンのきれっぱし

●テグス
●接着剤……ほんの少々
●リボン……引っ掛け用

◇このリースの特徴=ワイヤー無し

 今回のリースの特徴は、記事の最初にも書きましたが、ワイヤー無しであるところです。私は、リースやガーランドを作るときには、とにもかくにも「ワイヤリング命」で作るので、全体のどこにもワイヤーを使っていないリースは、今まで作ったことがありませんでした。
 しかし、「ワイヤリング命」で作るリースというのは、そのワイヤリングこそが面倒くさくて、手が痛くなったり、時間がかかる元になります。そこで、たまには固いワイヤーを使わないリースを作ってみようと思い、その結果、テグスで縛り付けていくリースを製作することにしたのでした。

 ワイヤーを使わないということは、「重みで崩れやすい」ということですので(固いワイヤーでかためてあれば崩れません)、素材は軽いものを選ぼうと思いました。その結果、家の中にたまたまあったスーパーレディのドライフラワーだけで作ることにしました。そして、重力に引っ張られて楕円形にならないようにするために、サイズも小さくしたかったので、「あるだけのスーパーレディしか使わない」と決めました。

 ワイヤー無しでは、フレッシュなもみの木などのような、重量のある素材では難しいです。また、軽い素材でも、内径が10cmを超えたら、縦長の楕円形になってしまうと可能性が高いです。なので、軽く・小さくを意識して、このリースを作っていきます。

 このリースの作り方の基本は、ハワイのレイの作り方を真似したものです。ハワイアン・レイの作り方の中に、一本の紐に、別の紐で植物を縛り付けていくようにしてつなげていくのがあって(レイの作り方はほかにも色々あるらしいですが)、それを最後に丸い形にすればイケるだろ、大丈夫大丈夫!という、かなりの見切り発車で作り始めました。
 ……でも、結構ちゃんとできちゃいました。

◇手順1……リースの芯を作る

 このリースの芯は、リボンです。幅広のリボンを、ねじり鉢巻のようにねじります。

 ねじり加減は、適当にしました。

 私がリボンを芯にしたのは、「うっかり見えても大丈夫そう」だと思ったからです。
 幅広のものを使ったのは、たまたま成仏できないでいる高級幅広リボンが手元にあったからで、もっと細いものでもできるかもしれません。

 ねじったリボンを、輪にして持ってみました。

 この輪っかを触ってみて、結構しっかりしていたので、このまま芯にして大丈夫、と思いました。

 で、実際に輪にするのは工程の最後でして、まずは「直線にねじったリボン」を作っておきます。
 ねじりが元に戻ってしまわないように、リボンの両端をテグスで縛ります。
 片方の端は普通に縛り……


 もう片方の端は、縛ったテグスを切らずにつなげておきます。

 つながっているテグスで、リボンの芯に、花を縛り付けていきます。

◇手順2……スーパーレディをパーツに切り分ける

 リースの主素材である、スーパーレディを、パーツに切り分けます。

 スーパーレディは、枝先に花が付いているので、枝先だけをカットします。

 長さは……私は適当にやっちゃうので、あまり考えないんですが、長くても10cmくらいでしょうか。
 実際に、テグスで縛り付けるときには、4〜6cmの長さにするので、最初からその長さにしてもいいですが、私は、長めにざっと切ってしまい、縛るときに長すぎる部分を切り落とす方法で作りました。(性格的にきっちりしている人・細やかな作業ができる人は、最初から適正な長さに切ったほうがいいかも……)

 テグスで縛るときの長さは、このくらいです。

 これを、定規で測ったら……

 4〜6cmくらいでした。

◇手順3……芯に、スーパーレディを縛り付ける

 いよいよ、花を取り付け始めます。

 ねじって、上下をテグスで留めたリボンの上に、スーパーレディを置き、茎のところをテグスで一巻きします。

 スーパーレディは、3〜4本一度に持って、リボンの上に持っていく。


 そして、テグスで一巻き。


 ……分かり難いかな。
 図解してみます。

 赤い帯を、リボンの芯だと思ってください。


 リボンの芯の上に、花の小束を置き、


 テグスで巻く。


 その下に、また小束を置いて、またテグスで巻く。

 テグスは、ずーっと螺旋状に巻くだけです。手でしっかり押さえていれば、特に結び目を作っていかなくても、途中でバラバラになったりしません。

 延々、この繰り返しで作っていきます。私はテグスでやりましたが、糸でも細い紐でも、細いリボンでも、なんでもできるはずだと思います。ハワイアン・レイは、本当はラフィアで巻くようです。
(図解でも分かりにくかったらゴメンナサイ)

》》仕上げは、次のページで!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.