◆2015年版 クジャクヒバの超ミニクリスマスリース

 このリースは、こちらのリース→クジャクヒバのクリスマスリース の残りで作ったものです。ほんとーにわずかに残っていたパーツで作ったので、マジで超ミニサイズです。今までに、このサイトで散々アップしてきた生リースとまったく同じ作り方で、ただ小さく作っているだけですので、特に新しい情報も無かったりするのですが……正直、クジャクヒバのクリスマスリースの記事下に、オマケで書き足すレベルの内容だったりしますが、勢いで1ページの記事に仕立ててしまいました。
 「こんなに小さいやつもアリなのか」くらいの感じでご覧ください。

スポンサーリンク

◇使用したもの

●クジャクヒバクジャクヒバのクリスマスリースを作ったときの残り物)……「クジャクヒバのクリスマスリース」自体も、あまりもので作ったものなのですが、さらにそのあまりモノとして、わずかに残ったパーツを使用しました。

●ヒムロ杉クジャクヒバのクリスマスリースを作ったときの残り物)……ひそかに3本くらい入っています

●銅ワイヤー……丸い枠に使用
●ワイヤー……パーツのワイヤリングに使用
●リボン……吊り下げ用

◇超小さい輪に作ります!

 今回使う材料は、「ガーランドを作った余りでリースを作り、そのリース作りでちょっとだけ余った樹木パーツ」です。つまり、「パーツの数がほんの少々」が大前提です。ぶっちゃけ、捨てちゃうかと思ったパーツたちでして、捨てるのを思いとどまったのは、「すでにワイヤリングの手間をかけてあるものを捨てるのがもったいない」というケチケチ根性のおかげです。

 とにかく、パーツ数が限られているので、リースの輪は相当小さくないといけません。リースに作れる最小限の輪はどのくらいかな、と考えて、このくらいにしました。
↓ ↓ ↓

 ワイヤーで作った輪の直径は、7〜8pです。やわらかい銅ワイヤーなので、何本も重ねて輪にしました。

◇今回も、作り方は大幅に割愛させていただきます!

 前の記事同様、作り方は、毎度毎度書いてきたことなので、ここで詳しいことは繰り返しません。
 ざっと説明しますと、銅ワイヤーの丸い枠に、樹木パーツを留めただけです。

※樹木の切り分け方は、こちらを参照ください→クジャクヒバのクリスマスガーランド
※樹木のワイヤリングは、こちらを参照ください→ワイヤリング
※生リースの作り方全般については、こちらを参照ください→生の樹木をベースに作るクリスマス・リース

 このリースは、輪が小さく、パーツの数も少ないので、あっという間にできました。すべてのパーツを留めつけるのに、10分くらいしかかからなかったと思います(ワイヤリング済みのパーツなので、仕事の進みが速いです!)。

◇リースの形を整える

 上の項に書いたように、このリースは、小さいがゆえにすばやく出来ます。しかし、小さいがために難しいことが1点あります。
 それは、輪に対して大きすぎるパーツがあり、出来上がったリースの「リング型」から、はみ出してしまうパーツができることです。

 下の画像は、すべてのパーツをつけ終わったところです。

 リースらしい、「輪」の形から、はみ出している部分がありますよね。この部分を、なんとか「○」の形に押し込もうとしたのですが、小さすぎて難しく、最後にはあきらめてカットしてしまいました。

 カットした結果が、こちらです。
↓ ↓ ↓

 ヒュンヒュン飛び出ていた部分が無くなって、落ち着いた「輪」になりました。本当は、枝の先を切るようなことは、リースつくりとしては不細工なことなのですが、「小さすぎるのでご勘弁」ということで許していただこうと思います。

◇オーナメントは「無し」にしました

 本当は、このリースにもオーナメントをつけようと思っていました。超小さいリースに、超小さいオーナメントを付けてかわいくしよう、という予定だったのです。
 しかし、出来上がったリースベースを見ていたら、
「これ自体が、オーナメントみたいな大きさじゃないか」
と思い、これをきれいなリボンで壁にかけるだけのほうが、可愛げが出るような気がしました。

 というわけで、このリースには、飾りは一切つけないことにしました。こんなにちっぽけで、飾りもなしに成立するのは、「生リースである」という事実があるからです。生命のある樹木で、小さいながらも真っ当なワイヤリングで仕立てたものなので、
「本物ですよ。文句ある?」
って言えるんです。これが、生リースの力です。

◇出来上がり

 リボンで掛けるだけ。これにて出来上がりです。


 このリースは、ちょうど私の手のひらくらいの大きさです。


 次回は、このような小さいリースをたくさん作って、吊るし方に工夫して楽しむのはどうかな、と思っています。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.