◆2015年版 クジャクヒバのクリスマスリース

 このリースは、こちらのガーランド→クジャクヒバのクリスマスガーランド の残りで作ったものです。ガーランドやリースの大物を作るときに、私は、樹木パーツが足りなくならないように、数を温存しながら作る傾向があるので、大きいものを作った後に「残り物が結構ある」という状況がよく起こります。
 今回も、「残り物でもう一品」が可能になりましたので、残り樹木パーツで、シンプルなグリーンのリースを作ることにしました。(実は、このリースの残りでさらにもう一品作れたのですが、そちらの画像も後日アップします。

スポンサーリンク

◇使用したもの

●クジャクヒバガーランドを作ったときの残り物)……結構、残ってました。ただ単に、「使いきれなかったもの」だけではなく、枝が少し曲がっていたり、葉の一部にちょっとだけ茶色い箇所がある、というような、「B級クジャクヒバ」も含まれています。リースやガーランドを、余裕を持って贅沢に作ったときに、こういうパーツがよく残ります

●ヒムロ杉(ガーランドを作ったときの残り物)……こちらは、ほんのわずかしか残りませんでしたので、ひそかに3本くらい入っています

●太いワイヤー……丸い枠に使用
●ワイヤー……パーツのワイヤリングに使用
●リボン……ギフトについてきたやつ
●カラー紐……多分、何かのギフトについてきたやつ。吊り下げ用

◇作り方は、大幅に割愛させていただきます!

 作り方は、毎度毎度書いてきたことなので、ここでは詳しいことは繰り返しません。
 ざっと説明しますと、太いワイヤーを丸い枠に使い、そこに樹木パーツを留めただけです。

※樹木の切り分け方は、こちらを参照ください→クジャクヒバのクリスマスガーランド
※樹木のワイヤリングは、こちらを参照ください→ワイヤリング
※生リースの作り方全般については、こちらを参照ください→生の樹木をベースに作るクリスマス・リース

……という作業の結果、このような緑のリングができました。
↓ ↓ ↓

 実を言えば、「何の飾りも無しで、これだけでいいかなあ」とも思いました。フェイクの樹木リースでは、なかなかそうはいきませんが、生の樹木のリースは、ベースの瑞々しさだけでも勝負できます。
 でも、ギフトの箱についていたリボンがふと目に入ってしまい、「リボンのみのリース」にしようと決めました。

◇リボンを付ける

 こんなリボンを使いました。(思いっきり「SUN MOTOYAMA」)

 クリスマスらしいのは、もっと「真っ赤」な色味のリボンかもしれませんけど、このくらいの色でも落ち着いていて良いんじゃないでしょうか。割りと幅もあるので、存在感のあるリボンになりそうです。

 ループリボンを作りま〜す。

 ループの数や、足の長さは、リースに合わせながら決めれば良いと思います。
 リボンを作ったら、リボンの真ん中を縛っているワイヤーで、リースベースに留めつけます。

◇出来上がり

 リボンを付けたら、このようになりました。

 リース全体にかかるように、リボンの足を伸ばし、それを唯一の飾りとしました。
 このリースの直径は、23cmくらいです。このくらいの大きさなら、そんなに時間はかかりません。そのわりに、生の樹木の迫力で、やたらに大きく見える上、オーナメントの無いところも、逆に「正統派感」が生まれるという、手間に比べて人の受けが良いリースになりました。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.