◆生のクジャクヒバ製クリスマス・ガーランド(ミニサイズ)を作る

前の記事の続きです。

 前の記事からお読みください。

◇工程3……麻紐に、樹木パーツを結びつけていく

 いよいよ、本体の作成に着手します。
 まずは、麻紐に、小さな輪を作っておきます。

 この輪は、出来上がったガーランドを、壁にかけるためのものです。輪の下に伸びる紐に、クジャクヒバとヒムロ杉をワイヤーで延々結びつけていくことになります。

 実際の作業画像の前に、図で簡単に説明しますと、まず、最初のパーツ(@)を、一番上のど真ん中に付けます。

 続いて、2つ目のパーツ(A)、3つ目のパーツ(B)を付けていきます。


 実際の画像を出しますと、
↓これが、一つ目のパーツをつけたところ。

 麻紐に、ワイヤーをただ螺旋状に巻きつけただけです。最初の一本だけだと頼りないですが、これを何本も巻きつけていくうちに、がっちりとした太い線になっていきます。

↓二つ目をつけた!


 そして、三つ目!

 ここまでくると、大体これから先の作業がどうなるかが見えてきたと思います。
 図で説明すると、下のようにパーツをどんどん結びつけていきまして……

 太い、一本の帯を形作る感じで作業を進めます。
 5つ6つパーツをつけていくと、真ん中あたりとか、パーツとパーツの間とかに、「ここを埋めないとかっこ悪いな」と思える部分ができてきます。そういう部分には、ヒムロ杉とか、頭が切れてる「下半分パーツ」を入れたりして、「重厚な太い帯」を作っていきましょう。
 注意事項としては、一番外側の輪郭になる部分は、必ず「葉先」のあるきれいなパーツを使うことと、「後ろの壁がすけて見える」ような部分を作らないことです。「分厚い、樹木の帯」を、できるだけ同じ厚さで、上から下までほぼ同じ横幅で作ります。

 上の説明を読んで、「大変だな……」と思われるかもしれませんが、自家用に作る場合は、そんなに神経質になることはありません。(素人の方ならなおさらです!)
 なんとなく、こんな感じかな〜で、どんどんパーツを結びつけていきましょう。

 で、ほとんどのパーツを結びつけたのがこちらです。
↓ ↓ ↓

 長さの目安に、30cmのものさしを置いてみました。多分、この段階では、全長70cmくらいかと思います。樹木のパーツは、全部使い切らずに少し残しておきます。

 参考までに、ガーランドの裏側をお目にかけましょう。(かなり荒っぽいので恥ずかしいですけど)

 ホントに、一本の麻紐に、どんどんワイヤーを結びつけていっただけなのが分かるかと思います。

 この先の作業は、壁に吊るして、リボンをつけ、オーナメントを付けてフィニッシュです。

スポンサーリンク

◇工程4……ガーランドを、壁にかけてみる

 作り進めてきたガーランドを、一度壁にかけてチェックします。(最初に作った麻紐の輪を、フックなどにかけます)


 今回は、まあこれでいいかなあということにしました。(壁にかけると、少し形がねじれているのが発覚したりとか、変に浮いている葉があったりとか、修正するべきポイントが出てくることがあります)

 リボンとオーナメントを付けて仕上げるのは次のページへ!→クジャクヒバのクリスマスガーランド(4)


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.