◆生のクジャクヒバ製クリスマス・ガーランド(ミニサイズ)を作る

前の記事の続きです。

 前の記事からお読みください。

◇ミニガーランド製作に使用したもの

 そのときに家にあったもので作りました。
●クジャクヒバ……こちら→自分が使った花材事典:クジャクヒバ で紹介しているクジャクヒバを、約2本使いました


ヒムロ杉……このリースを作った残りです(下の画像は、小さめの枝3本分くらいをパーツに切り分けたもの)


●オーナメント……金ヒイラギナンキンハゼの実ヒオウギの実着色木の実

●麻紐
●ワイヤー
●リボン……太さの違うものを二本重ねて使用

 オーナメント類は、ほぼ全部何回目かの使い回しです。

スポンサーリンク

◇工程1……クジャクヒバをパーツに切り分ける

 生の樹木でリースやガーランドを作るときには、必ずこの作業から始まります。
 今回は、ほぼすべてクジャクヒバで作り、手元にあるだけのヒムロ杉を、あちこちに少しずつ入れ込む、という方針をあらかじめ立てていました。ヒムロ杉を「あちこちに入れ込む」というのは、主として「クジャクヒバでは、スカスカになってしまうようなところを、ヒムロ杉で埋めよう」という作戦でした。葉っぱが平べったいクジャクヒバに対して、ヒムロ杉はモシャモシャとしているので、「埋める」「ワイヤーを隠す」などの目的には使いやすいのです。

 どっちにしろ、クジャクヒバも、ヒムロ杉も、切り分けてワイヤーをかけなければなりません。
 ヒムロ杉の切り分けは、こちらの記事を参照ください→ナンキンハゼのクリスマスリース
 クジャクヒバも、今までに紹介してきたモミの木などのコニファー類と、同じように切り分けてパーツにするのですが(参照:生の樹木をベースに作るクリスマス・リースうさぎのクリスマスリース)、クジャクヒバでパーツを作る画像はまだこのサイトで出していませんでしたので、一応切り分けるところから画像で解説してみようと思います。

 一本ままのクジャクヒバを、パーツにするには、まず、小枝単位に枝を切り分けていきます。
↓たとえば、こういう枝だったら……


↓こんな風に鋏を入れまして……


 切った枝の、根本のほうの葉を取って、下のような格好にします。

 根本のほうの葉を取るのは、ワイヤーをかける「足」の部分にするためです。

 もしも、上のような格好にしたときに、「葉っぱの全長が長すぎるかな」と思ったら、二分割します。下の画像は、二分割したものです。

 左が「上半分」、右が「下半分」です。今回私は、上半分も下半分も使いますが、作品として発表する人や、納品する人は、「下半分」は使いません。そういう「ちゃんとしたガーランドとかリース」は、葉先のほうだけ使って美しく作り、「下半分」は捨てるのです。(下半分は、「頭が切れている」状態なので、不自然なパーツであり、美しいパーツとは言えません)
 私がここで「下半分」を使うのは、気楽な「自家用」だからです。自家用ごときで、「下半分」を処分していたらもったいないので、「頭が切れてて不自然」なところを、なるべく隠して入れ込んでいくことにします。

 切り分けていくときに、いかにも美しくない葉や、妙にねじくれた枝はよけて、使わないようにします。
 たとえば、下の画像のような、ヒョロヒョロでグネグネの葉は、戦力には数えません。


 そうやって、枝を切り分け、より分けて、下のようなパーツの山ができました。

◇工程2……切り分けたパーツに、ワイヤーかけする

 工程1で切り分けた一つ一つのパーツに、ワイヤーをかけていきます。ワイヤーかけの方法は、こちらを参照ください→ワイヤリング
 切り分けた小枝の山に、すべてワイヤーかけすると、結構な時間がかかります。特に、生まれて初めてこの作業をする方は、数時間かかると思われますので、閑な時間を見つけて作業していると、2〜3日がかりになることも有り得ます。

 下は、クジャクヒバにワイヤーをかけた画像です。

 ワイヤーがクネクネしているのは、リサイクルワイヤーを使っているからです。(良い子の皆さんは、新しいまっさらなワイヤーでやりましょう)

 ヒムロ杉にもワイヤーをかけました。
↓ ↓ ↓


 ワイヤーをかけたクジャクヒバとヒムロ杉で、ガーランドの本体を作っていきます。本体の製作は次のページへ!→クジャクヒバのガーランド(3)


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.