◆不器用な管理人が作った、お正月っぽく見える飾りです

不器用管理人のお正月っぽい飾り 2016年版(1)(2)の続きです

◇作成方法6……着色シダを大幅に増量

 前の項で発覚した「スカスカ」を埋めたいわけですが、新たな素材を増やすことはやめて、今使っているもののどれかを増やそうと思いました。そうすると、順当に考えると、「シダのスカスカは、シダで埋めよう」ということになります。そもそも、着色シダを素材に選んだ動機というのが、「この着色シダ、早く使っちゃおう」と思ったからだったので、シダの消費量が増えるのはまことに結構なことでした。

 シダは、大きい枝のまま入れると、スカスカがなかなか解消しないので、葉っぱを一枚ずつに切ります。下の画像で言うと、赤線のところで切っていきます。


 そして、一枚一枚にした葉っぱにボンドをつけ、てパーツの隙間にうまいことさしこんでいき、スカスカをなるべく埋めてみたのが下の画像です。

 まあまあ大丈夫になってきたかと思いましたが、さらに数枚のシダの葉っぱを足しました。

スポンサーリンク

◇作成方法7……見えているワイヤーを隠す

 上の項で終了にしようかな……と思ったのですが、横から見ると、松・松ぼっくり・水引を留めたワイヤーが見えちゃっていることに気づきました。そこに、上から何かをのっけて隠そうと思って資材を探し、紅白でおめでたい感じの色合いの実を乗せてみることにしました。

 ここに……


 サンキライの実と、ナンキンハゼの実を乗せます。

 サンキライも、ナンキンハゼも、短く残した軸にボンドを付けて、貼り付けまして、これにて、出来上がりとしました。

◇出来上がり


 麻紐とワイヤーのわっかと、紅白ゴムひもを一緒に引っ掛けるようにしました。
 紅白のゴムひもは、わっかに1回くぐらせて付けているだけです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.