◆不器用な管理人が作った、お正月っぽく見える飾りです

前の記事の続きです

◇作成方法2……飾りのデザインを考える

(毎回、私は作り始めてからデザインを考えますが、これは良いことではありません。デザインを決めてから作り始めるのがよろしいですよ。私がそうしないのは、浅はかな「なんとかなるさ精神」のせいです)
 さて、前の項で作ったわっかに植物素材を合わせてみて、デザインを考えていきます。デザインを考えるときには、私は机の上に素材を置いてみて、配置を考えます。

 まず、着色シダをわっかの下に置きました。シダは垂れ下がるほうが良いだろうと思いまして。


 続いて、ポイントを作ろうと思って松ぼっくりを置きました。


 そして、唯一のフレッシュ素材である松を加えます。

 大体、これくらいの素材で作ろうと思っていたのですが、なんか中心部分がスカスカなので、水引を加えました。


 なんとなく、赤が欲しいかな〜という気になり、紅白のゴムひもも加えました。

 うん、まあこれでいいかなと思い、デザインはこれで確定としました。(でも、後々これではやっぱり足らなくなり、色々パーツを足すことになったのですが、それについては後述します)

スポンサーリンク

◇作成方法3……松をわっかに留める

 決まったデザインを実現させるべく、作業していきます。
 まずは、松の小枝4本を、こんな風にワイヤーで結び付けます。

 それを、麻紐を巻いたわっかにワイヤーで留めます。

 麻紐の結び目の上に留めて、結び目のボコボコをかくしてしまいます。

◇作成方法4……着色シダも留める

 続いて、松の下に着色シダを付けます。
 シダを、ワイヤーで一まとめにして、それを松の下に下がるように、わっかに結びます。

◇作成方法5……水引を付けたときに「やっぱり真ん中がスカスカ」だと気づいた

 続いて水引を付けます。すべて、ワイヤーで付けていきます。

 ここまできて、「やっぱり、真ん中が足りない」と気づき始めました。真ん中に、水引の「足」を通したとしても、一番人の目がいく「飾りの中心部分」がスカスカです。


 これはイカンと思い、水引すべてと、松ぼっくり、紅白ゴムひもを付けて、急遽吊るして形をチェックしました。(水引と松ぼっくりは、ワイヤーでつけています)最終的には壁にかけるものになるので、水平に置いてチェックするよりも、垂直にして見るほうが良いのです。

 うん、やっぱりスカスカである!と思い、空いている部分を何かで埋めることにしました。

》》続きは次のページで!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.