◆不器用な管理人が作った、お正月っぽく見える飾りです

 超不器用な管理人が、すごく適当に作った「お正月っぽい飾り」シリーズ第三弾です。
 「っぽい」が付く理由は、正当なお正月飾りの知識も知らずに、なんとなくノリでお正月っぽく仕立てているだけだからです。最近よくあるお正月リースみたいに、「オリジナルな飾り物です」ってことで、ご了承いただきたいと思います。100均にもこういう飾り、売ってますよね。 

 年神様には、多分無視されるような飾りですが、興味のある方は、下の作り方などご覧になってください。100均で売っているお正月飾りと明確に違うところは、「フレッシュな松を使っている、ドライ植物素材を4種類も使っている」というところでしょうか。

※難しい技術は使っていません。誰にでもできます
※最初にデザインを決めずに、成り行きで作っているので、すごくいい加減ですがお許しください

スポンサーリンク

◇使用素材……松と着色シダをメイン植物素材にしました

 ほぼ毎年恒例になっている、「お正月花の稽古場で松のきれっぱしを拾い集めてくる」という、職権を利用した素材集めを行いまして、今年も自家製正月飾りを作りました。前年の正月飾りが、メイン植物が多すぎてめんどくさかったなあという記憶があったので、今年はシンプルに作ろうと思っていました。
 そこで、メイン素材の植物は、松と着色のドライシダだけにしようと決めました。この二種類でおよその形が成立するようにしてしまい、後から何か足すなら「ポイント作り」程度にしようと思いました。

 しかも、私はもっと楽をしようと思い、植物は上記の二種類をメインにし、植物でない素材にも、メインの一部を担ってもらおうとしていました。
 植物でない素材で、メインに抜擢したのは、輪にしたワイヤーと、三つ編みにした麻紐です。

使用した素材をすべて書き出してみますと、以下のようになります。
  • 生の松の枝(枝先だけ、4本)
  • ドライ着色シダ
  • リング型にしたワイヤー……直径15pほどの輪にしたもの
  • 麻紐を三つ編みにしたもの……長さは測ってないですが、相当長いです(このときに作りました→空き瓶リメイク
  • 松ぼっくり……2個(若松についてたのを切り取って使った)
  • 水引……これこれ
  • 紅白ゴムひも……ギフトの箱についてきたものをリサイクル
  • サンキライの実……少々
  • ナンキンハゼの実……少々
  • 20〜24番くらいのワイヤー……少々
  • 木工用ボンド

◇作成方法1……ワイヤーに、三つ編みした麻紐を巻きつける

 実際の作成手順を紹介します。いつものように、「迷いながら作る過程」を正直に書きますので、つまずいているところも紹介してしまいます。

 まず、ワイヤーをリング型にして……


そこに、三つ編みにした麻紐を……


 螺旋状に巻きつけます。


 ワイヤーがすべて隠れるまでまきつけます。

 巻き終わりのところの結び目が見えちゃってますが、この部分は後で飾りを付けて隠してしまいます。

》》続きは次ページへ!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.