◆ゴールドクレストで作る簡単クリスマスツリーをグレードアップ

 こちらの記事で紹介した、ゴールドクレスで作る簡単なクリスマスツリーを、バーゼリアを使ってグレードアップしてみました。
 非常に簡単なグレードアップ方法なのですが、簡単すぎて、かえって素人の方は思いつかない方法かもしれません。文字で書くと、「しょぼいゴールドクレストの根本に、バーゼリアを足すだけ」という一言で済む方法です。上の画像を見ただけでも、真似できると思います。

スポンサーリンク

◇しょぼいゴールドクレストを、何かで補強しようと考えた

 前のページでも書いているのですが、作り方を紹介した「ゴールドクレストで作る簡単クリスマスツリー」は、小さなゴールドクレスト(200円のポット苗)で作っているため、樹形がカッコよくはありません。いかにもクリスマスツリーらしい形というのは、円錐形なんですけど、200円ポット苗は、縦長の楕円形みたいな樹形です。
↓こんな形です。



↓ホントは、こうなって欲しいのです。

 それでも、ラッピングで頑張って、なるべく下のほうにボリュームを出す努力をしました。

 頑張ってみたけど、やっぱり「円柱」みたいな形であって、「円錐」には近づいていません。そこで、ここに新たな植物を投入することにより、力技で理想の「円錐形」に近づけてみることにしました。

◇クリスマスらしい植物で、下部をボリュームアップ

 完全に、下のほうの横幅が足りないのですから、そこに何かを足してやるしか、円錐形に近づく道はありません。じゃあ、何を足すのかと考えたときに、やはりクリスマスムードが高まるものにしようと思いました。そして、ゴールドクレストに馴染んでくれるものがいいと考えました。

 その結果、候補になったのがバーゼリアです。バーゼリアについては、付属ブログのこちらの記事→自分が使った花材事典:バーゼリア で一般的なことを解説しています。

◇バーゼリアを足してみよう

 さっそく、バーゼリアを足してみましょう。

 バーゼリアを短く切ります。

 少しくらい切りすぎてもなんとでもなるので、すごくアバウトに切って大丈夫です。

 切ったバーゼリアを、ゴールドクレストの根本あたりにざくっと挿し入れます。

 いかにも、鉢から生えてる感じで挿しこんでください。バーゼリアの茎は、土に刺さっていようが、ラッピングペーパーとゴールドクレストにはさまれて浮いていようが、全然かまいません。バーゼリアは、ドライフラワーになりやすく、ドライ化しても見た目がほとんど変わらないので、生のままリースに使うような植物です。その特性に乗っかって、水なしでクリスマスツリー鉢の中に紛れ込んでもらいます。

 上の画像のような感じで、木の全体の形が円錐形に近づくように、バーゼリアを足していきます。

↓バーゼリアを、全部で5本挿しました。


 だいぶ、△形に近づいたと思います。


 ただ、今回は、バーゼリアの数が5本だけだったので、一方向から見たときの△しか実現できず、真後ろからも見られるようにはできませんでした。バーゼリアの数があれば、後ろまでぐるっと刺して、全体を円錐形にできたはずです。

↓ちなみに、後ろはこんな感じ。

 オーナメントは、半分ほどはずして前に持って行き、ラッピングペーパーを立てて、「こっちは背中側です」というのを明らかにしました。
 こうなると、テーブルの真ん中のような場所に置くのはふさわしくなく、壁を背負った場所に置くのが良いです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.