◆ゴールドクレストで作る簡単クリスマスツリー(2)

前の記事の続きです。

◇作り方1  ツリーにモールをかける

 多くのツリー飾りがそうなっているように、モールをぐるっと螺旋状にかけるような飾りを最初につけてしまおうと思います。ここでは、モールはスパンコールで代用しています。

 スパンコールの端のほうを、ゆるく一重結びにして……

 結びめを、ツリーのトップにかけます。


 そこから、ぐるっと螺旋状にスパンコールを巻きつけます。

 後からいくらでも手直しできるので、細かいことは考えずに巻きつけます。

 ここで、細めのモールを巻いていたら、もっとクリスマスツリー感が盛り上がったと思います。100均にあったら買ってもいいかと思ったんですけど、意外にも、100均のモールは、モコモコに太いヤツばかりで、テーブルサイズのツリーに使えるようなものは見つかりませんでした。100均のクリスマスツリー用のモールは、もっとも一般的な家庭サイズのツリー、つまり1m超サイズのツリーにつけることを想定しているのでしょうね。

スポンサーリンク

◇作り方2  ボールオーナメントを飾る

 オーナメントを付けるのは、作り物のツリーを飾るときと同じ感じでOKです。自分の好きなように、全体のバランスを見ながらつけていきます。
 今回、私はまず、ボールオーナメントを付けました。ボールだけで良さそうだと思ったら、ほかのものは付けなくてもいいと思っていたのです。

↓ボールをつけた!


 ボールは、元々付いていた紐を、ゴールドクレストの枝に引っ掛けるているだけです。


 今回使ったような小さな木だと、あまり枝先のほうにオーナメントを引っ掛けると、重さに耐えられなくて枝が下を向いてしまうことがあります。なるべくしっかりしたところを選んで引っ掛けていきましょう。

 私は、ボールとスパンコールだけが付いている様子を見まして、「これは、明らかにデコレーションが弱い!」と思いました。ボールだけだとすれば、もう少し小さめのボールが、複数の色で、もう少し多くの数で必要だと思います。
 でも、うちにあるボールは、クレストにつけただけで全部でしたので、ほかのオーナメントを探すことにしました。(作りながら探さないで、最初から考えときなさい……と、毎年自分でも思います)

 どんなものを探そうかと考えた結果、「全面的にボールで飾る」という最初の方針を生かすことに決定し、丸いものばかりをオーナメントにすることにしました。「丸いもの」で、「植物素材」のもの、ということでストック花材を探してみて、まずは「ルリタマアザミ」を引っ張り出しました。

◇作り方3 ルリタマアザミを飾る

 ボール状の飾りにするために、ルリタマアザミは、花首をほんの少し残して茎を切り落とします。

↓花首だけのルリタマアザミ。


 少しだけ残した茎に、ワイヤーを結びます。

 このワイヤーを、結びやすいところに結んで留めつけます。ワイヤーが、外から見えないように付けましょう。

↓で、ルリタマアザミをつけた結果がこれです。

 ん〜まだ足りない気がする。

◇作り方4 クラスペディアを飾る

 「まだ足りない」と思ったので、さらに道具部屋のストックの中から、「まん丸い植物素材」を探します。そして、出てきたのがクラスペディアです。クラスペディアも、茎を少し残して、花首から切り落としました。


 ルリタマアザミと同様に、短く残した茎にワイヤーをかけます。

 そして、ワイヤーで、ツリーに留めつけていきます。

↓留めつけた結果がこちら。

 もうちょっとクリスマス度上げたいな〜と思ったのですが、すでにほかのオーナメントを付ける余地も少なくなっています。それに、小さなツリーに、これ以上手をかけるのも違うかなと思い、ここでオーナメントをつけるのは終了としました。
 家で毎日ながめているうちに、「これやめて、こっちつけよう」とか思ったら、また手を加えることにして、ラッピングに進んでいくことにします。

》》ラッピングは次ページで!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.