◆竹みたいなやつ(鉄線の支柱だったもの)で作った超ミニ門松

 管理人作の、超ミニ門松第三弾です
 この記事で紹介する「門松」は、第一弾の記事で作ったものに非常に近く、近いどころかほぼ一緒じゃん、という感じなのですが、別の素材で作ったもので、一応単独の記事にしてみました。

 「第一弾」ともっとも違うところは、真ん中に三本立てる「竹」の素材です。この素材選びで、実は「失敗した」と思っていることもあるのですが、失敗の内容もすべて正直に記事にしましたので、反面教師としてお役立てください。

※あくまでも、遊びレベルで作っているものですので、いわゆる「正式なお正月の飾り」ではありません

スポンサーリンク

◇家に細い竹があったので、ミニ門松を作ろうと思い立った

 今回、ミニ門松を作る気になったのは、以前ミリオンバンブーを使った門松を作ったときと似たような経緯でした。
 ふと、家にあった細身の竹が目に留まり、「これで門松、いけるんじゃないの?」と思ったので、その場のノリで作り始めてしまいました。なので、本当にそのとき家にあったもので作っています。

 ちなみに、家に偶然あった細い竹とは、これです。元は鉄線の支柱だったものです。ちゃんと節があるので、竹の変わりになりそうだと思いました。

◇使用したもの

 今回、使用したものをリストアップしておきます。
  • 細い竹(鉄線の支柱としてついてきたもの)
  • 松の小枝(枝先だけ、3本)
  • 小さなプラスチックカップ
  • 豆剣山
  • 包装紙
  • マジック
  • 輪ゴム
  • セロテープ
  • 飾り(花、水引)

 いつもそうなのですが、私は上記の材料を、最初にそろえてから作り始めるということをしません。いつも、作りながら、「あれが使えるんじゃないか?」「どこかに、これのもっと大きいのが無かったかしら」などと考え、家の中を探し回りながら作ります。多分……初めにそろえてから作ったほうが、ホントは効率は良いはずだと思います。

◇細い竹を3本、門松っぽく束ねる

 では、作り始めましょう。まず、支柱用の細い竹を、門松の切り口のように斜め切りしてみました。

 切って初めて分かったのですが、この「竹」は茎の中が中空ではありませんでした。ということは、竹ではなくて、「竹みたいに節がある、イネ科のほかの植物」のようです。しかし、紛らわしいので、この記事では便宜上「竹」と表記して書き進めていきます。

 で、上の画像の「竹」をよく見てみますと、門松の体裁にするには、「茎の中空が無い」ことよりも、「色」に問題があるように思いました。薄茶色なので、やはり「枯れ色」です。門松が枯れ色ではイカンだろうと思い、いっそ塗ってしまえ!ということにしました。正式な門松ではなく、楽しみで作るミニ工作なので、「塗ってしまえ」もアリということで進めていきます。

 マジックで塗るという、すごく不精な方法で緑色にしました。

(本当は、アクリル絵具で塗ろうかと思ったのですが、めんどくさくなってマジックにしてしまいました)

 塗って緑にした三本の竹を、いかにも門松っぽく輪ゴムで束ねておきます。

 竹は、長さが足りなくなると困るので、少し長すぎくらいの丈を温存します。切るのはいつでもできるので、保険をかけておきましょう。

◇プラスチックカップで土台を作る

 上の項で作った三本の竹を立てるための土台を作ります。
 土台は、水が入れられるものがいいので、下の画像のようなプラスチックカップにしました。


 このカップは、ミニトマトが入っていたもので、高さ5.5cm、長径(楕円形なので)5.5cmです。
↓その中に、豆剣山を入れます。

 剣山は、主に竹を固定させるためです。松や、その他の生花は、ふわっと挿しこむだけでいいのですが、三本の竹は直立していないとおかしいので、剣山やオアシスなど、何らかの留め具がないと難しいです。

 このままだと透明なカップの中が丸見えなので、周りをこんな紙で巻くことにしました。
↓ ↓ ↓

 これは、和菓子か、佃煮の包み紙だったと思います。手近にある紙で、使えそうなものを見つけて使えば良いと思います。今回私は、竹皮みたいな模様の紙にしましたが、キレイな色の千代紙など使っても、派手で華やかなものができて楽しいんじゃないでしょうか。

 紙で、プラスチックカップの周りをぐるっと巻いて、セロテープで留めます。

 カップの中に水を入れて、土台は完成です。

◇松と竹を入れる

 土台に、松と竹を入れるだけで、この門松のおよその形は完成します。
 松は、下の画像のような、枝先だけの小枝3本です。

 使用する入れ物が小さいので、これだけで済みます。家に松があるなら、ほんの枝先だけ切ってくれば作れます。

 この松を、プラスチックカップの土台に突っ込みます。

 挿し方だとか、そんなもんは何もありません。ただザクッと入れただけです。ちなみに、この松は剣山には挿していません。

 松でこんもりさせた真ん中に、束にしてあった三本の竹をまっすぐに立てます。
 一度、竹を切らないままで挿してみて……


 やっぱり長いなあと思ったので、松とのバランスを見ながら切り詰めました。

 竹は、剣山に挿して、しっかり直立させます。竹が、ちょっと細めなので、後で全体のバランスを調整することにします。(この細さの竹だったら、もっと小さな器でよかったのだということに、この段階で気づきましたがもう遅い!)

 これで、門松らしい形はすでに出来上がりました。本物の門松だったら、これで終わりにしてもいいところです。しかし、上の画像をしみじみ見ると、チャチな作り物感が満載です。
 それもそのはずで、この門松は、紙の土台・ほんの短い松・マジックで色を塗った竹という、チャチな物の寄せ集めです。このままでは、モノとして可愛げが無さ過ぎるので、何らかの飾り物を付けて、もっと楽しい物体にしてやる必要があります。

 というわけで、次のページで楽しく飾りつけしてみました!→細い竹みたいなやつで作る超ミニ門松(2)飾りつけ編


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.