◆不器用管理人の、金柳を使ったお正月っぽく見える飾り 2015年版 その3

前の記事の続きです

◇金柳にパーツを留めていく……稲穂を留める

 次に、稲穂を留めます。

 金柳のわっかと、山しだが留まっているところに、稲穂も一緒に留めました。ワイヤーがかかるところを一箇所にしておいたほうが、後でワイヤー隠しするのに楽かなあと思いまして。

◇金柳にパーツを留めていく……松を留める

 いよいよ、フレッシュなパーツを留めます。二つのパーツに作っておいた松を留めつけます。

↓まず、一つ留めました。

 山しだや稲穂を留めたところが、ワイヤーだらけになっていて留めやすいので、そこに留めてしまいました。

 もう一つも同じように留めます。できるだけ、松が扇形に開くようにします。

◇金柳にパーツを留めていく……水引を留める

 最後のパーツ、水引を留めます。


 水引で、ワイヤーを隠すように留めます。それでも、どうしても一箇所ワイヤーが見えるところがあったので、その部分の前に松を挿してしまって隠蔽しました。

 こういうときのために、松を一枝か二枝温存しておくといいのですが、今回はそういう保険をかけていなかったので、玄関に生けていたお正月花からこそっと切ってきて使いました。

 これで、すべてのパーツが付いて、あとは全体の形をチェックして微調整するだけです。

◇麻紐で吊るして最終調整し、出来上がり!

 上の項までの、パーツの留めつけ作業は、平面に置いて行っています。しかし、この飾りは、吊るして飾るようにし立てるつもりなので、一回吊るしてチェックする必要があります。

 というわけで、吊り下げ用の麻紐を付けて、壁にかけてみました。

……なんか、下に広がっている金柳のバラバラ加減がかっこわるいかなーと思えました。そこで、山しだの下に出ている金柳の枝を短く切りそろえることにました。

↓切りそろえて、これにて出来上がりとしました!



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.