◆不器用管理人の、金柳を使ったお正月っぽく見える飾り 2015年版 その3

前の記事の続きです

◇水引をあわせる

 金柳・稲穂・松、とあわせてきて、「なんか、パンチが足りない」と思ったので、次は水引でポイントを作ることにしました。

↓まあ順当にここかなあという場所に入れてみました。

◇山しだをあわせる

 松と水引をつけたら、なんだか頭でっかちになってしまったように見えたので、下方向にもボリュームを付けるべく、山しだを下向きに付けてみることにしました。

 これで、用意したパーツを全部投入したことになりますので、とりあえずこのデザインで進んでいくことにします。もしも、途中でもの足りなくなったり、作成上の都合で別のパーツが必要になったりしたら、その時点で新たに何か加えればいいさ、くらいの感じで進んでいきます。

 ここまでは、机の上の平面で、素材を置いてみてデザインを確認しているだけですので、どこも留めているわけではありません。留める作業は、次の項からのスタートです。

◇金柳にパーツを留めていく……山しだを留める

 パーツを留めるのは、この順番が留めやすいかなという順に行っていきます。「留めやすそうな順」とは、ワイヤーを隠しやすそうな順とか、これとこれをまずくっつけたら後の細工がしやすそうだとか、そういう都合をなんとなく察して決めていきます。(でも、ごく適当に留めていっても、たいてい何とかなるのであまり心配しなくて大丈夫です)

 今回は、まず金柳の骨格に……


山しだを留めました。

 山しだは、金柳のわっかをワイヤーで留めた部分の、後ろ側に挿しこんでいます。

》》続きは、2015年版 お正月っぽい飾り その4で!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.