◆不器用管理人の、金柳を使ったお正月っぽく見える飾り 2015年版 その2

前の記事の続きです

◇金柳に、とリあえず稲穂をあわせてみる

 そもそも、このお飾り作成は、稲穂を使いたい思いが大きいので、最初に金柳とあわせてみたのは、もちろん稲穂でした。

↓おさまりの良い場所を探して、こんな感じはどうか、ということになりました。

 やはり、下垂させて使いたかったので、こうなりました。
 稲穂以外の素材も、このように、平面の上で並べてみて、デザインを考えていきます。

スポンサーリンク

◇さらに、松をあわせる

 稲穂の次は、これさえあれば、お正月らしさを演出できる素材として、松を加えることにしました。
 松は、下の画像のように、ほぼ緑の部分だけにしました。(ワイヤーをかけるために、枝を少し残して切ります)


 で、やっぱり松は上のほうに配置したらいいかと思いまして……

↑こんな風にあわせてみました。
 とりあえず、この路線でいこうと決めて、後々金柳に留め付けるために、松をワイヤーでまとめます。全部を一まとめにしてしまうと、平べったく広げるのが難しくなりそうだったので、2本一くくりと、3本一くくりをそれぞれ作ることにしました。下の画像は、3本一くくりにしたパーツです。


》》続きは、2015年版お正月っぽい飾り その3で!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.