◆不器用管理人の、金柳を使ったお正月っぽく見える飾り 2015年版 その1

金柳の「お正月っぽい飾り」

 昨年に続き、またしても「お正月っぽい飾り」を作ってしまいました。
 「お正月飾り」ではなく、あくまでも「お正月っぽい飾り」です。あまり正当なお正月飾りのスタイルに似せようとは思わず、なんとなく雰囲気で「お正月っぽければ良し」として作ったものです。なので、かしこまって飾るものでなく、かる〜い感じで飾るものとして作りました。我が家では、これをキッチンの壁に吊るしていました。

 このようなものを作った動機は、なんとなく、手元に「これでお正月飾りができそう」という素材が集まってしまったからです。特に、稲穂を入手したことが大きかったです。稲穂がきれいなうちに、なにかそれらしい使い道が無いかと思っていたために、「じゃあ、またお正月っぽい飾りにしよう」となりました。

 稲穂は、いけばな花材の残りですし、松と金柳はお正月花のきれっぱしですし、水引にいたっては、去年の使い回しです。なんか、神様にバチを当てられそうな飾り物です。
 かなり適当なお飾りですが、下に作り方を記録してみました。

※難しい技術は使っていません。誰にでもできます
※最初にデザインを決めずに、成り行きで作っているので、すごくいい加減ですがお許しください

スポンサーリンク

◇なんか、お正月飾りっぽいものができそうな素材たち

 まったく偶然に、手元になんとなく「お正月飾りっぽいものになりそう」なものたちが終結しました。上にも書きましたが、稲穂があったので、「ものすごく、それっぽいものが作れそう」と思ってテンション上がり、とりあえず、使えそうな兵隊を、広げた新聞紙の上に並べてみました。

稲穂ドライしだ水引、松の小枝です。
 最初は、上の画像の素材だけで作ろうとしていました。前年に作った粟のお正月っぽい飾りのように、稲穂を下向きにパッと広げて下げ、それだけである程度の形を作ってしまおうと考えていたのです。

↓ところが、稲穂の首のところが曲がっているので、

 どうもきれいに下垂しないことが分かりました。
 そこで、別のものを、全体の形を決めるメイン素材にしようと方向転換し、お正月花で使った金柳を流用することにしました。

↓金柳

 金柳は、けっこうな量があったので、まあこれだけでもなんとなかるんじゃないかと思い、作成に着手しました。

◇金柳をいじくってみる

 いつもそうなのですが、私は「こういう形にしよう」というビジョンをあまり持たずに製作を始めてしまいます。とにかく、いじってみて形を決めるという、行き当たりばったりのやり方です。(人にはお勧めしません)
 今回も、まずは金柳をいじってみて、そこから考え始めることにしました。

↓すご〜く適当な本数を手に持って、とりあえずわっかを一つ作ってみた。


 そのわっかをワイヤーで固定したけど……


↓なんか、1個じゃ弱く見えたので、もう1個作った。


 二個作ったものの、それをどうするか考えていないので、さまざまに組み合わせては「あーでもない、こーでもない」としばし考えました。
 そして、考えた結果、「まあ、これがベターかなあ」と思えるようになったのが、以下の画像のような形です。

 上部に、金柳の輪でポイントを作り、細い枝を下垂させて、ここに別のパーツを足していって、デザインを考えていくことにしました。

》》2015年版 お正月っぽい飾り その2へ続く


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.