◆松の枝数本だけで作った超ミニ門松

 管理人作の、超ミニ門松記事の第二段です(第一弾はこちら→不器用管理人手作り:超ミニ門松……ミリオンバンブーを竹に見立てる)。

 この記事で紹介する「門松」は、第一弾の記事で作った容器を使い、松だけを使って「ミニチュア門松」にできないだろうか……という主旨で作ったものです。
 「第一弾」で作った門松は、ミリオンバンブーを三本の竹のように仕立ててモノホンっぽくしましたが、ミリオンバンブーが無くたって、松だけで十分じゃないか?実際に家庭で一番飾られている門松は、若松一本ずつを対で立てるだけのものなんだから、と考えて作りました。

 作ってみて、なんかイケそうだ、と思ったので、3パターン作ったすべての画像を紹介してみます。

※あくまでも、遊びレベルで作っているものですので、いわゆる「正式なお正月の飾り」ではありません
※松はすべて、容器にただ突っ込んで立ててあるだけです
※容器は、管理人がジャムの空き瓶で作りました。こちらの記事に作り方の画像があります

スポンサーリンク

◇潔く、松一本立てるのがかっこいい

 私は、結局これが一番気に入ったんですよね〜。

 いい感じに頭が広がる枝を選んで、程よい長さに切り、脇枝はつけたままで縦に突っ込みました(脇枝の力で直立してます)。
 ピシっと直立してくれないとかっこ悪いです。
 同じ長さに切った枝をもう一本入れてみたら、当然ボリュームはその方が出るんですが、むしろ一本のままのほうが、潔くてかっこいいようでした。

◇小枝を寄せ集めて立たせる その1

 上の項のやり方ですと、それなりに枝の格好の良いところを選びたくなりますが、選り好みしなくても見られるものにはなります。
↓切り落とした枝でもなんでも寄せ集めて、瓶に押し込んで立てました。



 つまり、「松が立ってる」だけで、お正月的な雰囲気は十分出せちゃうんですね。これなら、お正月花を生けた後のあまりの枝でもいいですし、庭の松を、枝先だけ数本切るだけでもできます。
 私が色々試したところ、要するに傾いてさえいなければ、どんな雑な挿し方でも「カワイイちょ〜ミニ門松」としてイケます。

◇小枝を寄せ集めて立たせる その2

 上の項の最後に書いたことを証明するために、よく見もしないでざくっと挿した画像を載せてみます。


 ね、立ってさえいれば、印象は変わらないでしょ?
 上の項「その1」の画像は、私の長年の職人的習性である「上っ面をきれいにならす」という癖が出ていて、何も考えずに挿しても「全面グリーン」になっています。この項の画像は、本当に「見ないで突っ込んだ」ので、一部に枝が見えています。しかし、枝があっちこっちに出ていても、大勢に影響はありません。
 なので、「ただただ、直立させることだけ考えて突っ込め!」で出来てしまいます。

※簡単すぎて作り方でもなんでもなくて、ど〜も失礼しました!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.