◆不器用な管理人が作った、手のひらに乗る超ミニ門松……ミリオンバンブーを竹に見立てました

前の記事の続きです

◇手順3……ミリオンバンブーの長さを決める

 前のページのように、「竹」になってもらうミリオンバンブーを選んだら、長さを決めます。
 長さは、ミリオンバンブーを立てる容器とのバランスで決めますので、実際に容器にあわせながら切って決めます。

 まあこんな感じかな……で、下の画像のように切りました。(※後に、こんな感じではダメだったことが分かり、後の項で修正が入ります。ごめんなさい)


 三本入れてみるとこんな感じ。

 ちょっと長い気もしますが、短かすぎるとかっこ悪いので、「長いものは最後に切ればいいんだから」と思っての決断だったのですが……後になって、これでは短かったことが判明します。(でも、まだそれに気付いていないので、そのまま作り続けます)

◇手順4……ミリオンバンブーに、斜めの切り口を付ける

 私たちのイメージにある門松の竹は、斜め切りの切り口が見えていますよね。種類によっては斜めに切らない門松というものもあるとのことですが、このミニ門松は、「なんちゃって門松」なので、「より、それっぽいもの」を目指して作っていくことにします。

 というわけで、切り口をハサミで斜めに切ります。


↓三本とも切りました。


 ミリオンバンブーは、本物の竹ではなくて、ドラセナの仲間なので、竹のような節はありません。

◇手順5……3本のミリオンバンブーを輪ゴムで固定する

 上の項で作った切り口を、「いかにも門松っぽく見える」感じで、三本を組み合わせます。

↓こんな感じでどうでしょう。


↓いい感じに長短を組み合わせた状態で、輪ゴムをかけます。


 空き瓶に立ててみると、なんかそれらしくなってきました。


》》次ページに続く!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.