◆不器用な管理人が作った、手のひらに乗る超ミニ門松……ミリオンバンブーを竹に見立てました

超ミニ門松

 管理人が作った超ミニ門松を紹介します。
 これは、たまたま家にあったミリオンバンブーを見ているうちに、「これを三本まとめて、斜めの切り口をつければ門松っぽいものができるんじゃない?」と思いついて作ったものです。ミリオンバンブーと松の小枝と、大抵の家にあるような資材だけで、何の技術も無く誰にでも作れます。
 しかも、手のひらサイズでかわいいですし、ゴミ処理にも困りません。作成時間は、30分かかっていないと思いますが、そのほとんどは「資材探し」していた時間ですので、実作業はもっと短い時間で済みます。

 この門松は、人の評判が非常に良くて、それが私には大変嬉しかったのです。なので、あまりにも簡単で恥ずかしいんですけど、作成手順を紹介させていただきます。(子どもの工作レベルですので、不器用さんでも作れます!)

 私は、こういうものは、作りながら「何を使い、どんな形にするか」と考えていくので(本当は、考えてから作り始めるのがよろしいです)、途中で大きさを大幅に変えたり、手順をさかのぼってやり直したりするハメになることがあるのですが……今回も、そのような類の「失敗」をしています。
 失敗を修正しながらの「手順」をそのまま書いておりますので、その点をあらかじめご了承ください。

※あくまでも、遊びレベルで作ったものですので、いわゆる「正式な正月の飾り」ではありません

スポンサーリンク

◇使用したもの

 以下のようなものを使用しました
  • ミリオンバンブー(なるべく、緑のきれいなものがいいです)
  • 松の小枝
  • 輪ゴム
  • ジャムの空き瓶(大きさについては、後述します)
  • 和風ラッピングペーパー
  • 麻紐
  • 水引(ギフトのラッピングから取りました)
  • セロハンテープ
  • 両面テープ

◇構造をざっくり説明します

 実際の作り方手順を書く前に、超ミニ門松の大雑把な構造を説明します。(この説明と、上に貼った画像を見るだけでも作れちゃうと思います)

 私の作った超ミニ門松は、要するに、空き瓶を和風の紙で巻いたものの中に、松の小枝を低く立て、その中央に三本のミリオンバンブー(茎を斜め切りして切り口を見せる)を立てたものです。
 体裁を「門松風」にしているだけで、実質は「小さな空き瓶の中に松とミリオンバンブーをちょっと挿しただけ」です。

 下の項からは、実際の手順を説明します。

◇手順1……容器を用意します

 ミリオンバンブーと松をセットするための容器を用意します。
 今回、私が使ったのは、ジャムの空き瓶でしたが、円筒形(もしくは円筒形に近い形)の容器ならなんでもいいです。

↓私が使ったのはこれです。

 大きさは、直径5cmほど、高さ8cmほどです。これより小さいものや、丈が低いものでも大丈夫です。しかし、これより大きいと、ミリオンバンブーを立てたときに貧弱に見えるんじゃないかと思います。
 瓶の形は、もっと平べったい形のほうが、「かわいさ」がアップするように思いますし、バンブーが短くて済むとも思い、本当は高さ5cmとか、なんなら4cmくらいのものを使いたかったのですが、家には画像の空き瓶しかありませんでしたので、それを使いました。

 この空き瓶には、ラッピングペーパーをかぶせてしまうので、この姿のままで門松にするわけではありません。なので、サイズ以外の見てくれは気にしません。でも、手ごろな大きさで、そのまま門松に仕立てられるような和風の容器などあれば、ペーパーをかぶせる手間が省けて便利に使えます。

◇手順2……ミリオンバンブーを選ぶ

 今回使ったミリオンバンブーは、20cm弱の長さを、3本使いました。手元にあったミリオンバンブーは二本でしたが、切り分けて三本取りました。
 ミリオンバンブーには、それなりに色の違いがあります。もしも、ミリオンバンブーを選べるのであれば、なるべく緑の濃いところを選ぶと、きれいだし、より竹っぽいです。

 たとえば、下の画像の中では、一番下の一本が妙に黄色っぽいです。

↑これは、単純に、一番下の一本が「根元部分」だからなのであって、枯れかけているわけではありません。

 しかし、下の画像のように、三本とも緑色の方がきれいにできます。


》》次ページに続く!

Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.