◆不器用な管理人が作った、お正月っぽく見える飾り

 左の画像は、超不器用な管理人が、すごく適当に作った「お正月っぽい飾り」です。
 「っぽい」が付く理由は、伝統的なお正月飾りに、こんなスタイルは無いからです。でも、なんかお正月っぽく仕立てたので、最近よくあるお正月リースみたいに、「オリジナルな飾り物です」ってことで、実際にうちではお正月に飾りました。

 そのような妙なものを作った理由は、クリスマスリースを作っている最中に、「松にも、ワイヤーをかけて壁飾りとか簡単にできるはず」と思い、やってみたくなってしまったからです。
 なので、本当に「一見、お正月っぽい」だけの飾りです。年神様には無視されるんじゃないかと思います。そんなものでもよろしければ、下に作り方を記録していますので、ご覧になってください。

※難しい技術は使っていません。誰にでもできます
※最初にデザインを決めずに、成り行きで作っているので、すごくいい加減ですがお許しください

スポンサーリンク

◇松と、粟を使うことにしました

 お正月花を生けた後の稽古場で、松のきれっぱしを拾い集め、「さて、どんな正月飾りにしようか」と思ったときに、最初はガーランドみたいにしようかと考えました。ガーランドとは、こういうもので→クリスマスガーランド 紐にワイヤーで延々小枝を結びつけていけばできるので、単純作業でできるかなと思ったからです。
 しかし、松の枝をいじくっているうちに、細長く帯状にしていくよりも、松葉をパッと扇みたいに開いたほうが、なんかかっこいいし、お正月っぽいんじゃないかと思いだしました。

 そこで、まずは「松を扇みたいに開く」と決定し、続いて、その松を何にどんな風にセットするのかを決めることにしました。
 どうしようかと考えながら、ドライ素材などをごそごそ探していると、なんとなくお正月っぽくなりそうなものを見つけました。
↓これです。

 「ドライ粟」です。これを、輪にしてみたり、色々いじっているうちに、下垂させるのがきれいなんじゃないかと思いました。

◇粟を下垂させる

 下垂させるのがきれいなんじゃないかと思ったので、このようにしてみました。
↓ ↓ ↓

 なんか、モノになりそうな気がしてきました。
 しかし、「正式」なことを言うと、粟で作ったお正月飾りというのは、世間にあまり無いと思います。稲穂を使ったものなら結構ありますが、「粟」がメイン材料の一つというものは、ネットで少し探した範囲では見つかりませんでした。
 でもまあ、稲穂と同じく実りのものなんだからいいじゃん、という考えで、この正月飾りは作っていきます。

 粟の留め方ですが、手近にあったワイヤーで、ただ茎をクルクルッとまとめただけです。ワイヤーワークというものは、仕事がきれいな方がいいには決まっていますが、どうせワイヤー留めの部分は隠してしまうのですから、多少不細工でも全然かまいません。

》》次ページに続く!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.