◆2013年版 樅の木オンリーのクリスマスリースその2

前の記事の続きです

◇パーツを、枠に巻きつけていく

※リサイクルワイヤーを使用していますので、ここから先の記事に出てくる画像で、太さがまちまちのワイヤーを使っていたり、グネグネに曲ったワイヤーを使ったりしていますが、ご容赦ください。

 前の項で作ったパーツを、ワイヤーの枠にまきつけていきます。

↑こういう、単純な巻き付けを、どんどん足していくだけです(うさぎリースのページに、もう少し詳しい画像があります)。

 私は、このリースを作り始めるときに、「直径は小さめで、でも分厚い輪いする」という方向性を決めていました(普段は成り行きでやるので、あまりこういうことは決めません)。なので、樅の木を、ぎっしり詰めるようにパーツを巻きつけていきました。

↓その結果が、これです。


↓うさぎリースと比べると、樅の木の輪が厚くなっているのが分かると思います(右がうさぎリース)。

◇余談ですが……

 余談ですが、分厚く作った樅の木の輪は、大きさによってはキャンドルスタンドの装飾にもなります。

 下の画像の輪の中に、すっぽりはまるキャンドルスタンドがあったとしたら、そのまま「樅の木キャンドルスタンド」ができてしまいます。


↓寝かせたリースを、真横から見るとこんな感じです。

 ある程度、樅の木の輪に高さを出し、「樅の木の中にロウソクが立っている」ように演出するのなどはどうでしょうか。(※自然素材でロウソク周りに装飾をする場合には、引火にご注意を!)

◇リボンを付けて仕上げました

 このリースは、オーナメント類は付けず、リボンのみを装飾にすることにしました。
 なので、リボンはちょっと豪勢なものを使います。

↑幅広、金入り、縁にワイヤー入りのリボン。一巻き3,000円くらいもするようなお高いやつです。(でも、このリボンも使いまわしなので、「贅沢した」とも言えません)

 リボンの作り方は、ループリボンの一番単純な「3つループ」。後になって思ったのですが、リボンの足が、あと2〜3cm長いほうが良かったかな……。

↓こんな風にワイヤーでとめ、そのワイヤーでリースに留め付けます。

◇出来上がり

 リボンだけの、シンプルなリースの出来上がりです。


※荒々しい作り方で、ホントにごめんなさい


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.