◆2013年版 樅の木オンリーのクリスマスリース その1

樅の木オンリーのクリスマスリース

 画像のリースは、私が2013年の暮れに作った三つ目のリースです。そして、珍しく樅の木を購入して作ったリースでもあります。
 私は、花屋に出入りしたり、フラワー教室の助手業をしているもので、なんだかんだで樅の木を無料でゲットできてしまうことが多いのです。

 このリースに使った樅の木は、私が自分用のいけばな稽古花材として購入したものです。ブログの、自分が使った花材事典の、こちらの記事→樅の木 に画像を貼ってあります。

 樅の木のためには、滅多に出さないお金を出して作ったリースですので、樅の木をたっぷり使い、いっそオーナメントはリボンだけにして仕立ててみました。

 単純な構造なので、作成の過程に有益な情報が乏しいかもしれませんが、興味のある方はご覧ください。

※「どうせ自分の家に飾るのだから」と、わりと乱暴でいい加減な作り方をしております。あらかじめご了承ください

スポンサーリンク

◇使用したもの

●メイン材料……フレッシュ樅の木

●ワイヤー……丸い枠に使用
●リサイクルワイヤー……うさぎリースサンキライリースと同様、一度別の目的で使ったワイヤーを再利用してしまいました。(真面目にキチンとしたリースを作ろうとされる方は、新品のワイヤーを使いましょう。ワイヤーを二回も使いまわそうなどとする人は、あまりまともではありません)
●装飾用のリボン……以前に、ガーランドを作るときに使った大型のリボンを流用しました。
●吊り下げ用ワイヤー

◇リースの枠は、巻きワイヤー

 リースの枠になるものは、巻きで売っている太めのワイヤーにしてみました。

 購入時の「巻き」のままの形の上から、バラバラにならないように、固定するためのワイヤーをざっとかけてあります。直径は、約15cm。樅の木の量に対して、やや小さいかとも思ったのですが、樅の木をぎっしり詰めて、分厚い感じのリースにしようと思ったので、あまり広げないようにしました。

◇樅の木を切り分けてパーツにする

 樅の木の切り分けとワイヤーかけは、うさぎリースのページでも書いているので、そちらを参照ください。

 リース作成記事で、すでに何度か書いているのですが、私は樅の木の、パーツとしてはあまりよろしくない部分も、かまわずにパーツとして利用してしまいます。
 本当は、下の画像のように、きれいな形で厚みがあるのがいいのです。

 変な新芽が飛び出しているとか、枝の途中の部分だとかは、きれいじゃないので、普通はパーツにせずに捨てるんです。
 でも、そうすると、気が付いたら枝の半分ほども捨てることになるんです。私は、ちゃんとしたリースを作るときのゴミの量に、ある日「そりゃあ無いだろう」と思い、「いわゆるきれいじゃない部分」も、なるべくパーツにするようになりました。(←ただのケチではないことを訴えたい!)
 下の画像をご覧ください。左の白い袋に入っているほうがゴミ、右がパーツなのですが……

 白い袋に、結構枝が入ってますよね。私のケチケチ作戦をもってしても、これだけの量がゴミになるのです。私は、このゴミの中から、更にいくらかの枝と葉をポプリにしたりしています。

 で、ここではパーツ作成の工程はすっとばし、画像はワイヤー掛けが済んだ状態にワープします。


》》次のページに続く!

Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.