◆2013年版 金サンキライのミニリース

前の記事の続きです

◇樅の木パーツを巻きつけました

 紛らわしくてスミマセンが、右側の小さいほうが、この記事のリースです。(こっちです、と書いてあるほうです)
 

 隣の大きいリースは、うさぎリースのベースでして、「比べると、こんなに小さいリースですよ」ということを表現したかったのですが、大きさは数字で書いた方がやはり分かり易いですかね……この記事で紹介しているミニリースは、枠の直径は12cmくらいです。

スポンサーリンク

◇小さいリースなので、小さいオーナメントを探しました

 いい加減な私は、リースベースを作ってから、さてオーナメントをどうしようか考え始めます。(普通は、最初にデザインを決めてから、製作に着手するほうが良いと思います)
 今回のリースは、ミニリースなので、小さめのオーナメントをちりばめようかと思いました。

↓そこで、これらのものを用意しました。

 左のものは、100円ポプリの中に入っていた「何かの実の殻」。右のものは、かねてからストックしてある金塗りのドライサンキライです。

 リース上部の中央に、ポイントになるリボンはこちらにしました。

 これは、お菓子のラッピングについていたリボンです。小さくて、厚みもあまり無く、しかも真ん中をビニタイで留めているので、大きいリースには役不足でつりあいません。しかし、この小さいリースになら使っても大丈夫だろうと思って使用しました。このリボンにしたのは、グリーンで、クリスマスカラーだったことが大きいです。

◇オーナメントの下処理

 うちで作るリースは、今まですべてのオーナメントをワイヤーでとめつけてきました。なので、今回も正統派のワイヤーかけでいくのだ!という意気込みを持って下処理を始めました。

※何度も書きますが、リサイクルワイヤーを使ってますので、グニグニのワイヤーの画像が出てまいります。ホントにごめんなさい

 100円ポプリの方は、実の割れ目にワイヤーを通したり、実の一部をワイヤーで突き通したりしました。

 金サンキライのほうは、最初は房単位でパーツにしようとしたんですけど、それではリースベースに対して大きすぎることが分かり、まったくもって面倒ですが、一粒単位でパーツにすることにしました。
↓一粒単位とは、つまりこういうことです。


 これにワイヤーかけるのかよ!と思いましたが、根性で掛けてみました。

爪の先だけで作業しました
  一応、逆さにして振っても抜け落ちない!

 しかし、二つが限界でした。手先も、目も痛くて、全部をワイヤーかけするのは無理と判断しました。
 それでも、金サンキライは使いたかったので、恥ずかしながら、金サンキライのみ木工ボンドで留めるという決定をばいたしました。ああ、あんなに嫌がっていた「ボンド使用リース」に、ついに手を染めてしまった……。

◇デザインチェック

 平らなところに置いたリースベースに、下の画像のようにオーナメントを乗せてみて、全体的なデザインをチェックします。

 金サンキライが、あたかもボールオーナメントのようで、まあいいんじゃないかと思います。

◇オーナメントを付けて、出来上がり

 上の項のデザインチェックにほぼ忠実に、オーナメントを付けていきます。
 木工用ボンドで接着するのは、すごい楽で、素人さんはこれで十分だと思います。でも、私は老眼で手も弱ってどうしようもなくなるまで、基本的にはワイヤーワークで頑張ろうと思います!

 画像は撮りませんでしたけど、金サンキライの木工用ボンド留めは、実についている軸のところに、たっぷりめにボンドを付けて、樅の木に埋め込むようにして接着させるだけです。ボンドが乾くまでは、あまり触らず、固まるのを待ちましょう。私は、半日くらい放置して乾かしました。

 そうやって作ったものが、こちらです。

 ミニリースとしては、まあまあなんじゃないでしょうか。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.