◆2013年版 金サンキライのミニリース

金サンキライのミニリース

 右の画像のリースは、こちらのリース→2013年版 うさぎのクリスマスリース を作った後に、あまったフレッシュ樅の木のパーツで作りました。そもそも、うさぎのクリスマスリースも、いけばな教室のゴミ箱から拾ってきた樅の木で作ったものなので、樅の木はタダでゲットしたものです。

 タダで作ったリースの、そのまた余り物で作ったリースなので、元々適当な私のリース作りに、輪を掛けた適当リースになっておりますが、そういうものでも作る工程を見てみたい方は、どうぞご覧になってください。

※いつもより、もっともっと乱暴でいい加減な作り方をしております。あらかじめご了承ください

スポンサーリンク

◇使用したもの

●メイン材料……フレッシュ樅の木

 うさぎリースを作ったときの残りですので、すでにパーツの切り分けも、ワイヤー掛けもすんでいます。
●真鍮線……丸い枠に使用
●リサイクルワイヤー……うさぎリースと同様、一度別の目的で使ったワイヤーを再利用してしまいました。(真面目にキチンとしたリースを作ろうとされる方は、新品のワイヤーを使いましょう。ワイヤーを二回も使いまわそうなどとする人は、あまりまともではありません)
●オーナメント……金サンキライダイソーの100円ポプリ
●装飾用のリボン……お菓子のラッピングについていたものを流用しました
●吊り下げ用のリボン(ものすごく深い紺色のリボンを使ったら、黒に見えてしまいました。もうちょっと別な色がよかったようです)

 例によって、私は成り行きでオーナメントを選びましたので、このリースの作成も、途中で一部迷走している部分があるのですが、そういう作り方の人だと了承の上お読みください。適当でごめんなさい。

◇リースの枠は、未使用の真鍮線を利用

 このリースは、残っている樅の木パーツの数が少なかったので、小さいものを枠にしようと思い、ストックしている蔓ものなどを、色々出してみました。しかし、ちょうど良いものがなく、自然素材を枠にすることを諦めて、未使用の真鍮線を使用することにしました。

 何かに使おうと思って買って来たけど。一度も使っていない、ロールのままの真鍮線。
↓ ↓ ↓


 真鍮線は、とても柔らかいので、パーツやオーナメントをつけた重みで形が変わってしまうと思われたので、硬めのワイヤーで補強することにしました。
↓こんな風に補強しました。


 このわっかに、樅の木パーツを一つずつ巻きつけてセットしていき、リースのベースを作ります。
 真鍮は、蔓などの自然素材と違って、見えてしまうと興ざめなので、しっかり枠を隠すようにパーツを巻きつけていく必要があります。
 具体的な樅の木パーツの巻きつけ方は、うさぎリースのページや、こちらのページ→生の樹木をベースに作るクリスマス・リース でも解説しているので、ここではすっ飛ばして、次の項では「巻きつけ後」の状態にワープさせていただきます。

》》次の記事に続く!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.