◆2013年版 うさぎのクリスマスリースその4

前の記事の続きです

◇オーナメントを、更に足していく

 なにかオーナメントになりそうなものがないだろうかと思って、私は再度100均の中をうろついてみました。ボールオーナメントを買ったときのチェックで、オーナメント類のコーナーには、自分が欲しいものはほとんど無いとわかっていたので、なんらか自然素材を使った飾り物の類……たとえば、ドライフラワーなどで、オーナメントになりそうなものがないかと思って探しに行ったのです。
 その結果、役に立ちそうだと思って買って来たのが、ちょっと不思議なポプリでした。買って来たポプリの中には、大き目の自然素材がゴロゴロ入っていたので、それにワイヤーをかけて使うことにしました。

※何度も書きますが、リサイクルワイヤーを使ってまして、ホントごめんなさい

↓使ったのは、この二種類。
 一体何の植物なのか、とんと分かりませんが、この二種類にワイヤーを掛け、オーナメントの役目を果たしてもらうことにしました。

 紫の植物の方は、こんな風にワイヤーかけしました。


 えんじみたいな色の方は、紫の植物みたいな「首」が無いので、ワイヤーを掛けられるような場所があるものを選んで使いました。
↓たとえばこんな風に、うまい具合に穴ぼこがあるのとかを利用しました。

◇オーナメントの数をチェックする

 上のような画像のオーナメントを追加するわけですが、どのくらいの数を作って追加すればいいのかを見極めるために、一度平らなところにリースを置いて、オーナメントを置いてみてチェックしました。(本当は、最初にオーナメントを付けるときに、この作業をするべきなのです。てゆーか、普段はそうやっているのですが、限られたオーナメントしか家になかったもので、「全部つければそれでいいだろ」の論理で見切り発車してしまったのでした)

↓まあ、大体こんなもんだろう、という感じで置いてみてチェックします。


 このイメージのままに、追加のオーナメントを取り付けていきます。

◇出来上がり

↓やっと出来上がりました。


 仕上げで、ドライ・クラスペディアの数を増やしました。
 もともとは、いけばな教室のゴミ箱から拾ってきた樅の木の切りくずだと思うと、「よくぞここまでラブリーになってくれた!」と思います。

※いい加減な道具と技術の数々、誠に失礼いたしました!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.