◆最も簡単な正月花は何だろう?

正月花

 こちらのページから、「素人でも、わりと簡単に、お安く正月花を飾れる」ことをテーマに記事を書いてきましたが、じゃあ、一番簡単な正月花は何かと考えてみました。

 その前に、「正月花」には限らず、「花の飾り方」として、一番簡単な方法は何かと考えると、結局、「ありきたりの花瓶に、一種類の花を、数本放り込む」ことではないかと思います。これができないという人は、まあいないだろうと思います。

◆絶対に、誰にでも簡単な正月花

 上記のような、「花瓶に、一種類の花を数本放り込む」方式で正月花にしようとすると、花材は何にするのがふさわしいでしょうか?

 松は、この場合は、あまりふさわしくありません。松だけ、花瓶にざくっと挿しても、あまり面白くないですものね。とくに、若松はただ突っ立っているだけに見えるので、「花を入れ忘れた?」みたいに思われる危険性があります。
 じゃあ、根引きや五葉や大王松ならいいかというと、これらのような力強い松を、一種類だけしか使わずに生けこなすのは、いけばなの経験を相当積んでも難しいです。

 一目で「正月花だな」と分かる、象徴のような植物である松が使えないとなると、一体何を使えばいいのか?
 私だったら、「千両なら、イケる!」と思います。

↓これだったら、お正月の玄関に飾っても文句無いでしょう!

正月花

 上の画像は、この花瓶に、千両を二本放り込んだだけです。なんということは無い花ですけど、これなら「正月らしい」と言えると思います。
 千両の良いところは、

  • いかにも正月らしい花材である
  • 1本を花瓶に挿すだけで、飾り物として成立し得る
  • 赤い実が「めでたさ」「華やかさ」を演出する
  • 適度に葉が茂っているので、スカスカになる危険が無い
  • 入手しやすい

 などの要素です。
 梅やロウバイも、単体で飾れますが、いずれも千両ほどの正月ムードを出すことはできません。千両と同じくらい、一種類で正月ムードになるものと言えば、私は万年青くらいしか思いつきませんが、万年青は、生けるのはプロに任せたほうが良いような花材です。

 千両は、軸にある程度の固さがあって、口の広すぎる花瓶さえ選ばなければ、自力で立ってくれます(べろーんと寝てしまう花材は、扱い難いですよね)。

●例:口の広すぎる花瓶の場合……こうなる場合は、もっと口の小さい花瓶を使いましょう
正月花

 千両は、ほかの花ものと取り合わせることもできますし、赤と黄色の二色があるので、「赤千両」「黄千両」を混ぜて挿してもきれいです。
 千両は、松に比べると、普通の花ものに近いので、「普通の花を、普通の花瓶に飾ったことがある人」なら、何の抵抗も無く飾れる花材だと思います。また、正月が過ぎると、松をいつまでも飾っているのはおかしいと感じる人がいますが(ちなみに、私はちっともおかしいと思わないので、手を変え品を変えて延々生け続けます)、千両だったら「冬場の実もの」として、いつまでも飾っておけます。

 千両は、きれっぱし程度でも、ちゃんと花瓶に入れれば見られるものにできます(実のものだからだと思います)。きれっぱしを集めて、ただただ小さい花瓶に挿したら、それでOK!
 下の画像は、10cm程度のきれっぱし3本だけしか使っていません。
正月花

 私なら、これだけで「今年の正月花!」と威張って飾ります。

 松にこだわらない人は、「千両オンリー」も選択肢に入れてみてください。

◆「もっとも簡単な正月花」に、何かもう一種類足すなら……

 千両オンリーを生けたところに、せめてもう一種類何か足そう、ということも可能です。
 もちろん、何でも好きなものを足したらよいのですが、何か一種類選べ、と言われるなら、金柳などはどうだろうかと思います。
 松を加えると、松のほうがメイン正月花材だから、松にあわせて千両を手直しするハメになるかもしれないし……華やかにするなら花物でもいいけど、千両の中に入れ込むのが面倒かもしれないし……ということを考えると、千両にちょいちょいと足す感じで入れられて、しかもお正月テイストの強いものは何かと探したときに、「金柳だったら、結構安易に足せる!」と思います。

 まあ、たとえばこんな感じに足すことができます。
正月花
 上の項の千両の画像に、ちょいちょいと金柳を足しただけです。ちょっと金のアクセサリーで派手にしてみよう、くらいのつもりで入れればOK。
 千両から、飛び出すくらいの長さにしないと、せっかくの柳の伸びやかさがなくなってもったいないです。
 もっと正月的にしたいなら、結び柳にすると、さらにそれっぽくなります。
↓こんな感じはどうでしょう。(枝をただ一重結びにするだけです)
正月花
 わっかがあるだけで、なんかお祝い風味が加わります。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.