◆実例:小さい正月花……正月花を、ホントに簡単に生ける

正月花 飾り方

 前のページなどでは、一応はある程度の大きさのある正月花を(ものすごく簡単な正月花ですけど)紹介してきましたが、この記事では、本当に切れっぱしみたいな小花で生けたらどうなるか、というレベルの正月花の例を出したいと思います。

 本格的な正月花を生けたい方や、素人といえども、「切れっぱしはイヤだわ」と思う方には、参考にならない記事です。切れっぱしで、どの程度のものができるのか見てみよう、という方だけ寄ってらっしゃい。

◇切れっぱしでも、「松は松」!

 私は、いけばなで色んなことをしますし、お正月アレンジを作ったりもするので、そういう作業の中で、「正月花材の切れっぱし」ができることがよくあります。切れっぱしでも、生きた花や枝は、ただ捨てるのは勿体無いものですので、ちょっとした花瓶や、小鉢に入れて飾るようにしています。(これは、お正月花材に限らず、どんな花材でもそうするのですが)

 で、そうやって生けた手のひらサイズのものの一例が、下の画像です。

正月花 飾り方

 この器は、別館のこちらの記事で紹介しているもので→ワイングラス(クリア) 本当に片手サイズの器です。
 この画像は、元はブログに貼ったもので、「ノーギャラで生ける正月花など、このくらいのもんだ!」という主旨の作です(ヒドイ話だ)。もう、本当に「短く切って突っ込みました」としか言えない花になってますが、これでも「お正月」は感じられると思います。
 最近は、小花瓶に、花首だけ生けるような、小さな花が、素人の方の日常にも定着しましたので、このくらい小さな正月花も、「OK」の範疇だと思います。
 もちろん、「すごく立派な正月花」ではないです。しかし、それを分かっていて、「うちは、こういうスタイルで十分」と思うなら、誰も文句を言う筋合いは無いと思います。

 上の画像のような花なら、庭に松の木がある家だったら、枝先くらいをちょっと切ってきて、あとは、ほんの小さな花が一輪か二輪あれば生けられます。お正月花セットを買ってくる必要さえありません。

 私などは、「ゴミ箱から拾ってきた松」で、一品でっちあげます。
 下の画像の松は、ある花の稽古場のゴミ箱をあさって、拾い上げてきた松です。
 正月花 飾り方

 花ものは、ゴミじゃないデンファレを一本使っていますが、松は全長15cmに満たないような小枝を寄せ集めたものです。松は、ぐっとかためると、小さくても「それっぽく」なります。

 松を生けるときに、手に松脂が付いたときには、こちらの記事を参照ください→松やに落とし松やに対策

◇松のきれっぱしオンリーでもイケる!

 上の項は、まだもうしわけ程度に「花」が入っていますが、いっそ潔く「松のみ」にしてしまうのはどうでしょう。

↓これ、2014年に、わが家のキッチンに置いていた正月花です。
正月花 飾り方
 シンプルな器に、稽古で切り落とした松の小枝を挿しただけです。ちょっと神棚チックになりましたね。器は、こちらの花瓶を使いました→JENGGALA ミニ花瓶

 遊びで、こんな飾りを付けると、また感じが変わります。
正月花 飾り方

↑こういう風に、「松+正月っぽい飾り物」という手もあります。
 花瓶につけた水引の鶴は、こちらのページでも紹介しているものです→水引

◇小さくても、お正月要素は詰め込める

 手のひらサイズの花であっても、お正月らしい要素は複数盛り込めます。
 たとえば、下の画像には、「松」「水引」「葉牡丹」という、お正月花らしい要素が三つも詰め込まれています。

正月花 飾り方

 使用した器は、こちらです→片口 水引は、自分で適当に作ったもので、作成画像がこちらのページにあります→水引:三連楕円うず巻き 家にそのときあるものを寄せ集めて生けたものです。
 しかし、うちのお弟子さんたち(うちはいけばな教室です!)に評判のよかった正月花です。
 冷静に現在の日本の住宅事情を考えると、このくらいの大きさの正月花が、一番現実的なのかもしれませんよ。

◇ミニ正月花を「遊び」と思って生ける

 お正月花を、「いけばな」だと思い、「正式なもの」と思うからこそ、どう生けるかを悩み、「おかしくないかしら」などと心配もするのです。
 「遊び」だと思って、好きなようにちゃちゃッと生けていいんじゃないですか(このページを見に来ているあなたは、華道家元とかじゃないでしょ?)。または、いっそのこと「お正月チックな工作を作るぞ」くらいのつもりでもいんじゃないでしょうか。

 これは、私が実際に飾った正月花ですが、
正月花 飾り方
 器は自作です。ジャムの空き瓶を使い、完全に「工作」のつもりでつくりました(作っている過程は、こちらの記事で見られます)。そして、いけた花は、むしろ「工作」の方に歩み寄って、器に縦に突っ込んだだけです。
 小さな空き瓶で作ったので、松の一番高いところでも、20cm弱くらいです。一番安い若松を一本買ってきて、ちょっと花を足せばできます。手のひらサイズで手作り感があるので、生花なのに、「手作り小物風」なテイストが出ました。
 ここまで遊んでしまえば、「ちゃんとしてない」などと指摘するほうが野暮になります。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.