◆実例:「1,500円のお正月束」を活用してみる……鉢に生けてみよう

前のページからご覧ください。

お正月のいけばな

 この記事では、簡単ながら「1,500円のお正月束」を鉢に生けてみることにします。深く考えずに「それらしい正月花」を生けたい方は、どうぞご参考に。

 家に水盤は無いが、少し深さのある器なら持っている、というど素人の方も参考になさってください。

◇まずは前置きをご覧ください

 水盤のページと同様、最初に3点前置きさせてください。

※3分程度で、パパパッと生けた花です。深い思想も何も無い花なので、そういうものは期待しないでください(ちなみに、3分で1ハイ生けるというのは、花屋やいけばなの先生なら普通にやることです。特にハイスピードではありません)

※誰にでもできるような花にしたつもりです

※管理人が、長く草月流を習っているために、なんとなく草月の基本花型に近い気配がありますが、こんな草月の型はありません(型が崩れてるわよ!とか怒るのはやめてね)

◇こんな鉢を使ってみました

 まずは、今回使った器の紹介から始めます。
↓こんな鉢に生けてみました。

お正月のいけばな

 このくらいの器なら、一つくらい持っているという人もいるでしょう。「押入れの奥にあったかなあ」といううちも多いかもしれません。特にいけばななど習っていない方は、普段はなかなかこのような「鉢」に生ける機会も無いかもしれませんので、ものは試しと思って、1回生けてみてはどうでしょう。

 鉢とか水盤は、ありきたりに生けても、「一輪挿しにしか花を生けたことがありません」という人からすると、やたらに「本格派」に見えますので、たまには「本格派のフリ」でもして楽しんでみましょう。

◇鉢でも、まあまあこのくらいは生けられる!(誰にでもできます)

 で、実際に生けてみたのが、下の画像になります。甚だしく「ありきたり」ですが、まあまあ見られる花にはなっていると思います。
お正月のいけばな
 実は、この花は、水盤のページの水盤から、花材が刺さったままの剣山を取り出し、鉢にそのまま移植しただけのものです。鉢だと、口元の高さが水盤よりも高いので、それにあわせて一番低い位置の菊を多少手直ししています。手直しと言っても、「ちょっと立たせた」程度のことですので、基本的には水盤に生ける要領を、そのまま鉢でも実践できるということになります。なので、「生けるポイント」は、水盤のページのものと同様になります。

 素人の方が生けることを考えると、水盤よりも、多少深さのある鉢の方が、生け易いかもしれません。理由には、
  • 剣山やオアシスが丸見えになりにくい……画像の花は剣山に挿していますが、オアシスの方が挿し易い人はオアシスを使うと良いです
  • 水盤よりも、器の幅が狭いことが多いので、「足元の幅が狭い=締まって見える」という効果が期待できる
  • 水盤よりも、家のしつらえに馴染みやすい場合がある……洋風建築だと、うまく演出を考えないと、水盤が周囲から浮くことがあります
↑このようなものがあります。

 水盤のページと、ほぼ同じ花だけなのは申し訳ないので、次のページで別のパターンも紹介してみようと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.