◆生の樹木をベースに作るクリスマス・リース

クリスマスリースフレッシュ作り方

 私は、毎年最低でも1個は生の樹木を使ったクリスマス・リースを作ります。私の作り方は、素材(樹木、オーナメント)が毎年少しずつ違うだけで、作業自体はいつでも同じ方法を用います。ここでは、私の「毎年恒例の作り方」を紹介することにします。

※リースの作り方は、大変多様であり、もっと簡単に作る方法がいくらでもあります。この記事の方法は、ほんの一例としてご覧ください。
※自分で生木のリースを作るのは面倒なので、買って済ませようという方は、こちらをご覧ください→
生クリスマスリース (参考:検索エンジンや、ショッピングモール内の検索で生木のリースを探すときには、「生リース」「生クリスマスリース」「フレッシュ クリスマスリース」「フレッシュ リース」などのワードがいいです)

スポンサーリンク

◇用意するもの

【1】リースの枠となる、丸い形のもの
たとえば、こんなものを用意します。

その@ 藤蔓
ふじつる:生クリスマスリース
  • 画像の蔓は、直径50cmもありますので、これを枠に使うと、相当大きなリースができます。ワイヤーで二箇所留めています
  • 枠の大きさが、リースの大きさを決定しますので、使う素材の量や、飾る場所にふさわしい大きさを選びましょう
  • 蔓は自然の素材ですので、「ちょっと見えちゃってもおかしくない(むしろナチュラルテイスト)」のが利点です
  • リースの枠は、「幾何学的に完全な円」である必要はありません。多少いびつな方が面白い場合もあります

そのA ワイヤー
ワイヤーの輪:生クリスマスリース
  • 上の二つの輪っかは、ワイヤーを円形に留めたものです。やわらかいワイヤーだと、素材の重さで垂れ下がってきてしまうので、固いワイヤーを選びましょう
  • 藤蔓のような自然素材と違い、ワイヤーは見えると興ざめですので、絶対に見えないようにリースを形作っていきます

【2】樹木
↓この画像は、モミの木です。

生モミの木

 このページでは、モミの木で作るリースの作り方を説明していきますが、モミの木以外の植物でもリースは同じように作れます。たとえば、モミの木以外の針葉樹(ひば、杉類など)、ユーカリ、サンゴミズキ、コストがかかってもいいならプリザーブド花材でもできます。
 樹木の量は、私は「そのとき手元にあるだけ」を使います。よって、その量により、その年のリースの大きさが決まります。

【3】ワイヤー……20番〜24番くらいのワイヤー。
【4】鋏、ワイヤー切り鋏(又はペンチ)
【5】オーナメント……好きなものをご用意ください。
【6】リースを引っ掛ける紐かなにか……手近にあるきれいな紐などを利用してください。我が家には、常時リボンのきれっぱしがあるので、私はリボンで掛けることが多いです。

◇樹木を切り分ける

 樹木を切り分けて、パーツを作っていきます。ここでは、モミの木のパーツの作り方をお目にかけます。

↓たとえば、このようなモミの枝なら……
もみの木:生クリスマスリース

↓こんな風に分解します。
モミの木を切り分ける
  • 基本的には、「枝の頭の三つ股を切る」「その下の、二股のところは二股に、股になっていないところは一本に切る」という手順になります
  • 切り分けるときに、あまりにも細いもの、小さいもの、きれいじゃないものは捨てます
  • 切り分けるときに、ワイヤーをかける部分の葉をついでに取ってしまいましょう
  • 切り分けた後には、結構な量のゴミが出ます。モミの木のような、入手しにくいものは、別の用途に使えるものなら使ってあげてください(ポプリにするとか)

◇樹木にワイヤーをかける

 ワイヤリングについては、こちらのページ⇒ワイヤリングの方法で解説しています。私は、全部のパーツに、この方法でワイヤーをかけます。
 20番のワイヤーが、しっかりしていていいのですが、作業としてはしんどいので(固いので)、手が痛くてつらい人は、22番くらいでもいいかもしれません。

◇丸い枠に、樹木パーツを取り付けていく

 丸い枠に、切り分けてワイヤリングした樹木パーツを取り付けていきます。これは、枠にワイヤー(ワイヤリングすると、ワイヤーの足が伸びていますので、その足のワイヤーで)をくるくる巻きつけていくだけです。

モミの木をワイヤリング
  • 単純に、左画像のようにクルクル巻きつけます。こうやって、1個留めるごとに、全体をがっちり固定して強化していきます

生クリスマスリース
  • 丸い枠に沿ってどんどん留めていくと、次第にこのようになっていきます
  • 枠を覆うようにするには、真上からだけ見ていないで、脇とか、下方向からも見ながら留めていくときれいにできます
  • 多少見えても大丈夫な枠ならいいのですが、見えたらNGの枠は、何が何でも隠し切りましょう

生クリスマスリース
  • 円を一周作ると、最終的にこのようになります。画像は、壁にかけて見ているところです。リースは、通常は壁にかけて飾りますので、「壁にかけた状態で、最終チェックする」というのは大事なことです。壁掛けチェックしてみて、おかしいところがあれば修正しましょう。
  • 壁掛けチェックするときには、「飾ろうとしている場所」でチェックするのが最も良いです。壁掛けものは、かける高さによって、かなり印象が異なる場合があります。

【別の素材で作った例】
生クリスマスリース
  • これは、ワイヤーの枠の大きいほう(用意するものの画像を参照ください)を使い、クジャクヒバと、ヒムロ杉で作っています。
  • 樹木の葉の色や質感で、リースの印象はかなり変わります。リボンの色を変えても、相当違う印象になります

【別の素材で作った例】
生クリスマスリース
  • ワイヤーの枠の小さいほう(用意するものの画像を参照ください)を使い、ヒムロ杉だけで作りました。
  • リボンを真ん中につけてみました

◇オーナメントをつける

 好みのオーナメントを付けていきます。これは、センスでやっちゃってください。参考までに、うちの過去のクリスマス飾りの画像に、リンクを貼っておきます。
2008年 クリスマス・ガーランド
2008年 クリスマス・リース
2009年 クリスマス・リース(大)
2009年 クリスマス・リース(中)
2009年 クリスマス・リース(小)
2011年 いいかげんクリスマスリース
2013年 うさぎのクリスマスリース
2015年 ナンキンハゼの実のクリスマスリース

 ことのついでに、クリスマスリースに付けるのにふさわしいと思われる、当サイト内の自然素材のページにもリンクを貼っておきます。
ペッパーベリー
金サンキライ
赤い木の実
松ぼっくり(ゴールド)
アンバーバーム

 私は、オーナメントをつけるのも、すべてワイヤーで留めていくことにしています。私は、「正式に作る」「ワイヤー掛けの訓練をする」という目的があるのでそうしますが、もっと簡単にやっつけたい人は、接着剤を使ってかまわないと思います。てゆーか、世の中的には、そっちの方が普通です。

 オーナメントを付ける手順として、私は、一回机の上に置いたリースに、オーナメントを乗せて(留めずに乗せるだけ)レイアウトをチェックします。
↓こんな感じです。

生クリスマスリース

 一回レイアウトを見た後に、壁に吊るして、留め付け作業に入ります。

 オーナメントを付け終わったら、出来上がりです。本物の樹木を使うと、森林浴しているような香りが楽しめますよ。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.