◆草月流:理事・顧問試験突破マニュアル【1】

草月流:理事・顧問試験

 花の資格:草月流師範のページでも紹介していますが、草月流の免状の階級の、トップと二番手に当たるのが、1級師範理事1級師範顧問です。この二つは、草月流の資格の中ではたった二つだけの、試験に受かることが必要な資格です。(顧問と理事以外は無試験です)

 私は、この試験をどちらも通りました。私が通ったということは、すなわち誰でも通れるはずの試験だということです。私が思うに、普通に受ければ大丈夫の試験です。
 ところが、この事実を、あまり知らない方もいます。特に、地方の方で、草月流本部に行ったことが無く、門下の先輩たちにも、受験経験者がいないような環境の方は、本当にガチガチに緊張して試験日に現れます。正直申しまして、そんなに、恐れることはありません!

 本番で恐れずに済むように、もっとドライに試験に臨めるように、そして効率的に受験対策できるように、実体験者の裏技付きマニュアルを、ここに公開しようと思います。(理事・顧問共通のマニュアルです)

スポンサーリンク

◆受験資格……とりあえず、これだけは必要

 理事・顧問試験を受けるには、下記の要件を満たしている必要があります。

《顧問》
・受験年の前々年の3月31日(※1)までに、常任総務に昇格していること
・継続して3年以上、草月指導者連盟の会員であること ※2
・昇格後に、支部に入会できること ※3

《理事》
・受験年の3年前の3月31日(※4)までに顧問に昇格していること
・顧問昇格時より引き続き、もしくは継続して3年以上草月指導者連盟の会員であること

※1……受験の申し込みは、試験日の前の年の12月に締め切りですので、申し込み日の時点では、「前年の3月31日」です。つまり、2009年1月の試験を受けようと思えば、2007年の3月31日までに常総に昇格していることが必要です。
※2……連盟に入っていなかった場合は、慌てて入ってもその年、次の年は間に合いません。3年待ちましょう。
※3……支部入会は必須です。知らんぷりしちゃダメです。
※4……受験の申し込みは、試験日の前の年の12月に締め切りですので、申し込み日の時点では、「2年前の3月31日」です。つまり、2009年1月の試験を受けようと思えば、2006年の3月31日までに常総に昇格していることが必要です。

◆理事・顧問は、「推薦制」である

 理事・顧問試験を受けるには、まず自分の教室の親先生に推薦をしてもらい、親先生が草月流本部に推薦書を出す、という手続きを経ねばなりません。自動車の免許を取るみたいに、「自分の一存だけで取る」ことはできないのです。必ず推薦者が必要です。
 しかも、その推薦者は、理事である必要があります。御免状は、指導者の位の一つ下までしか出せないのですから。必然的にそうなります。(自分の持っている御免状よりも上の御免状を、自分の弟子に出すことはできません。……まあ、あたりまえですよね)つまり、どんなに優れた先生の門下でも、その先生の資格が顧問以下であれば、推薦は受けられません。

◆推薦を受けるためには……

 理事か、顧問を受けたいあなたが、現在どこの教室にも属していないのであれば、必ずどこかしらの教室に入る必要があります。もしも、顧問か理事を取ることを第一目的に入ろうとするのならば、その教室の先生が理事であることを確認してから入りましょう。(でないと、無駄な入門になります)草月流本部の教室でも、証書申請してもらえるクラスがありますので、草月流本部に問い合わせてみるのも良いと思います。問い合わせるときには、直球で「理事(または顧問)を受けるために入りたい」と言った方が、話が早いです。

【参考】草月流:教室運営課のп03−3408−1209
    草月流公式サイト=メールの問い合わせ可能

 ちょっとどうしようかと思うのは、現在すでに通っている教室があるのに、教室の先生が顧問以下である場合です。このパターンは、実は私の身の回りでは一回も見たことが無いのですが……私がその先生だったとすれば、単刀直入に「理事(または顧問)を受けたいのだが、どうしたらいいだろう」と相談して欲しいですね。方法を、一緒に考えたら良いと思います。(最後の手段として、理事の先生がいる教室を紹介することだってできますからね。自分のお弟子さんが減っちゃうのは、正直残念無念だと思いますが)

◆やってはいけないこと

 最低限、これだけはやってはいけないことを挙げます。ほとんどが、常識の範囲のことです。

(1)申し込み締め切りをすぎてはいけない
 もしも、うっかり受験の申し込み日を過ぎてしまっても、先生や本部に無理を言って入れてもらおうなどと思ってはいけません。(あなたの先生が、どんな実力者でもNGです)もしも過ぎてしまったら、観念して一年待ちましょう。(理事・顧問試験は、年に一回です)

(2)昇格したのに、支部に入会しない
 受験資格の中に、「支部入会してよね! それが条件」と書いてあるのですから、昇格後に必ず入会手続きをしましょう。

(3)受験をすっぽかさない
 推薦されたら、必ず受験する義務が発生します。大学受験などと違い、「ドタキャンしても、困るのは私だけなんだからいいじゃん」という論法は通用しません。推薦者に、大きな迷惑がかかることを忘れないでください。(もちろん、本人が病気入院など、やむをえない事情であれば仕方ないですが)


》》草月流:理事・顧問試験突破マニュアル【2】へ続く!
いけばな書籍&道具
草月流用語辞典
花の資格:いけばな系 草月流師範



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.