◆草月流:理事・顧問試験突破マニュアル【2】

草月流 理事 受験

※前頁草月流:理事・顧問試験突破マニュアル【1】も併せてお読みください。

◆受験申し込みをする前に確認しましょう

 実際に、先生に「理事(顧問)を受けたい」と申し出る前に、申し込んだらどんなことがあなたを待っているのかを確認しましょう。
 以下のようなことが待っています

【1】先生から、草月流本部に「推薦書」が送られる
【2】受験者本人に、受験要領が届く
【3】試験前に、受験料を払い込む
【4】受験勉強する
【5】受験する
【6】合格後、昇格料を払い込む

 上記の、【3】【4】【5】【6】ついては、下記で解説します。

スポンサーリンク

◆受験料と、昇格料とは

 上記の項目の【3】と【6】は、どちらもお金の話なので、ここで併せて解説します。
 【3】の受験料は、受験前に払い込みます。(大学受験と一緒ですね)払い込まなければ、当日試験会場に行っても受験することはできません。そして、振り込んだものは、試験をすっぽかしても返ってきません。
 【6】の昇格料とは、試験に合格後、「理事」に昇格するための費用です。これを払い込まないと、せっかく受かっても、理事にはなれません。

 【3】と【6】の、具体的な金額は、私のような個人のサイトで公開してよいものか分からないので、ここに書くのは控えます。個人的にメールくだされば、私からお伝えしないものでもありませんが、ご自分の教室の先生に聞くのが一番良いです。。(草月流本部に直接問い合わせた場合、教えてくれるかどうかは微妙な気がします。「お教室の先生にご質問ください」とか言われるかも。でも、問い合わせてみたことないので分からないですが)
 金額についての私の見解は、正直、「本気でなければ出せない額」だと思います。ただの好奇心で取ることはおすすめいたしかねます。(お金持ちなら良いと思いますが)
 ついでに、昇格する気も無く、試験だけ受けてみたいというもの、おすすめいたしかねます。「いたしかねる」というか、そんなことはおやめなさいませ。経験にも、箔付けにも、何にもなりはしません。時間とお金の無駄ですし、推薦者の先生に迷惑がかかります。

●更に、マネー情報を
 理事昇格料には、推薦者へのマージンは含まれていません。つまり、推薦する先生は、あなたが理事に昇格しても、それでビタ一文儲けるわけではありません。無償の推薦をしてくれる先生の顔に、泥を塗っちゃあいけませんぜ。無責任な受験はやめましょう。
 逆に、「草月流規定の理事推薦マージン」を要求するような先生がいれば、それは先生の方がオカシイです。「草月が定めた、理事の昇格に関わるマージン」はありません! それは、明確な「嘘の請求」です。ただし、「その教室が定めた、独自規定のお礼料金」(草月の、じゃなくて)みたいなものがあると、それは外から「嘘だ」とは言えません。もしも、自分のお教室が、納得できない集金システムを持っていれば、色々考え直された方がよろしいです。

◆受験勉強とは?

 理事・顧問試験突破マニュアル【1】で、誰にでも受かる試験だと書きましたが、全く受験勉強しないで済む人は、ほとんどいないと思います。しかし、大学受験のように、一日中がむしゃらに勉強するような必要はありません。受験勉強については、別ページで、試験の内容と共に、詳しく解説します。

◆受験は、「草月会館」か「大阪教室」で「一月末頃」の「平日」である

 受験当日、受験者は、東京都港区赤坂の草月会館か、大阪教室まで出向きます(受験会場は、受験者が選べます)。例年、1月末頃に行われます。大阪教室以外に、地方会場はありません。つまり、住んでいる場所によっては、飛行機で飛んで行く必要がある方もいます。
 しかも、受験日は平日です。平日に気軽に休みを取れないような方は、受験日を確認し(10月頃には、各先生のもとに、試験日を記した書類が届いています。先生に聞きましょう)、あらかじめ根回しなどしておきましょう。
 反対に、「試験日に、絶対的に行けない」と分かっていたら、試験の予備日などは無いので、残念ですがその年の試験は諦めて、次の機会を狙いましょう。

◆上記を読んでみて、受験できますか?

 上記に書いてあることの中に「絶対ムリ」「絶対イヤ」なことがある人は、受験は難しいですね。よく考えてみてください。
 ただし、繰り返し言いますが、ひとたび「受ける」と決めて、実際に受験したならば、落ちることはまあありません。(まあ無い、という表現は、「絶対」とは言えないからそう表現しているだけのことです)普通の人が、普通に受かるのが、草月流の理事・顧問試験です。

》》草月流:理事・顧問試験突破マニュアル【3】に続く!
いけばな書籍&道具
草月流非公式用語辞典




Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.