◆花の資格を、目的別に仕分けしてみた

花の資格:目的別選び方

 当サイトの、花の資格カテゴリで紹介している資格を、取得したい目的によって仕分けてみました。花の資格を取りたいけど、何の資格がいいのか迷っている、というような方は参考になさってください。
 ただし、「これが絶対」という選び方はありませんので、「こういう考え方もある」という一例として読んでみていただければと思います。

スポンサーリンク

◇花屋さんになるために取得するなら

 これから花屋さんになろうと考えているなら、NFDの資格あたりが無難です。フラワーアレンジメント関係の資格の中では、一番メジャーですし、教室も多いからです。
 もっとも、NFDを取らなくても花屋さんにはなれますし、店によっては「有資格者」は敬遠されますので(参照:花屋さんに向く性格は……)、取らなくても何も問題は無いです。

 すでに、花屋業務を経験していて、何らかの資格を取って箔付けにしたいと考えるなら、圧倒的にフラワー装飾技能検定がおすすめです。国家資格ですし、かなり頑張らないと取れない資格ですので、技量の証明になります。

 技術よりも、知識面の資格を選ぶなら、カットフラワーアドバイザーあたりが一番実用的でしょう。すでに、「当店にはカットフラワーアドバイザーがいて、花束などのご相談に応じております」ということを売りにしている店が現れています。

◇楽しみのために取得するなら

 特に職業にするつもりは無くても、好きな花のことを勉強するのは楽しいですよね。その結果、「一定以上の技術・知識があります」と認めてもらえる資格を手にするのは、単純に嬉しいし、達成感もあると思います。

 フラワーアレンジメント方面なら、やはり教室が多くて仲間も多い、NFDがおすすめです。老舗という意味では、マミフラワーも良いと思います。(マミフラワーは、管理人も本気で入りたいスクールです。そのうち入るかもしれません)
 いけばななら、「教室数・仲間の数が多く、一番歴史がある」のが池坊。「自由で取っつきやすい」のが草月流です。入門した最初の頃の楽しさは、自由な分だけ草月の方が上かもしれません。

◇ミーハー心で習うなら

 マスコミ的に有名な要素を持っている花の資格を、興味本位で取ってみるのも面白いかもしれません。

 おねえタレントで有名な(最初は花のアーティストで売り出したはずなんだけど)カリ○ザキ氏は、草月流の作家です。草月流家元の勅使河原茜氏も、メディアを選んでいるようですが、マスコミ露出が増えてきましたので、話の種にしようと思えばいくらでもできます。
 池坊は、家元一族の中から政界に進出した人が出ましたし(近々もうお1人出るようです:2012年秋現在)、次期家元はもう随分前から流が積極的に売り出していますし、これからも話題に事欠かないでしょう。

 フラワーアレンジメントの世界では、マミフラワー川崎景太氏の人気は相変わらず大きいです。日本で、キャーキャー言われるフラワーアーティストとしては、未だに景太氏がトップかもしれません。
 女性では、ここ数年で江口美貴氏がぐいぐい来てます。江口氏は、NFDの名誉本部講師です。

◇何でもいいので、なにかしら花の資格が欲しいと思っているなら

 業務利用するつもりがまったく無いのであれば、ぶっちゃけどれでも良いと思います。自分が通い易い場所に教室があるとか、月謝が安いとか、友達がすでに通っているとか、何か取っつきやすい要素を持った教室を探したらどうでしょう。

 それでも、強いてどれかに特定しろと言われるなら、今日の日本で一般的な花の資格と言えば、一番がフラワーアレンジメント系、二番手がいけばな系になるでしょうから、その中から選んだらどうでしょう。フラワーアレンジメント系なら、やはりNFDを、いけばな系なら、管理人自身が経験して面白さを確認しているという意味で、草月流をプッシュしておきましょう。

◇外国で感心されたいなら

 海外に行かれて、ご婦人の集まるサロン的なところで感心してもらいたいと思うなら、とにもかくにも池坊です。「ニッポン」をアピールしたいときに、池坊パワーは強力です。
 日本国内でも、外国の方と交わる機会が多い方は、「すごいですねー」と言われたいなら池坊の免状は役に立ちます。

◇嫁入り道具にするなら

 花の免状を嫁入り道具にするなど、昭和30年代に終わったことかと思っていましたが、地方によっては未だに「お免状の一つもなしに、嫁に行くなど恥ずかしい」」という土地柄があるようです。
 そういう土地柄では、やはり池坊とか、古典系のいけばなの免状が役立つようです。しかし、「歴史有るいけばな流派の免状」しか効力が無いというものでもなく、フラワーアレンジの免状でも、持っていれば「数のうちに入る」そうです。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.