◆その他

カットフラワーアドバイザー 試験

◇カットフラワーアドバイザー(日本切花装飾普及協会)

 カットフラワーアドバイザーとは、切花についての知識に精通し、一般の方に、切花の扱い、楽しみ方などを、的確に指導したり、必要な情報を伝えることができる専門家として、日本切花装飾普及協会が認定する、民間資格です。
 切花のトータルコーディネーターとも呼ばれており、切花のソムリエみたいなイメージのものとお考えください。
 この資格は、そこそこステータスが認められる資格になりつつあります。
 有名生花店や、個性派の生花店には、一人くらい「カットフラワーアドバイザー」がいることが多いです。
 ただし、「これさえ取れば、あちこちから引っ張りだこ」とはなりませんので、あまり夢を見ないで取るべきでしょう。
 そして、この資格の保証するスキルが、「アドバイザー」というくらいですので、「助言」という、直接はお金になりにくいスキルだということを、理解しておくべきだと思います。ブーケを作る、アレンジを作る、という技術は、それだけでギャラが発生するものですが、「助言」単体にお金を払ってくれるお客さんは、日本にはまだいないと思いますから。(未来はわかりませんが)
 上にも書きましたが、この資格は、箔付けとしては無駄でない資格だと思います。そして、まだカットフラワーアドバイザーは絶対数が少ないので(多分、5000人くらいじゃないかと。未確認の数字ですが)、うまくいけば、花の仕事の現場でも、「持ってること」自体に注目してもらえることもありえます。知識を蓄えるタイプのお勉強が好きな人は、狙ってみても良いと思います。

 ちなみに、この資格は、業務経験の有無には関わらずに受験できます。つまり、花仕事のプロである必要はありません。しかし、これは私見ですが、「自分への証明」だけのために取るのは、もったいないのではないかと思います。
 フラワーアレンジメントや、いけばななどは、自己満足のために免状を取っても、自分が頑張った証になればそれでいいという面がありますが、カットフラワーアドバイザーは、「アドバイザー」という、人に伝えることを前提とした資格ですので、その証を、自分ひとりで大事にしまっておくのは、ちょっと無念なように思われます。何らか、「実際にアドバイスする」ビジョンを持った人が取ることを、おすすめしたいと思います。

スポンサーリンク

◇認定試験の概要

 カットフラワー・アドバイザーになるには、認定の講習を受け、試験に合格する必要があります。

●受験資格
 18歳以上で、下記のいずれかに該当する者。
@切花、園芸に関わる業務経験がある
Aフラワーアレンジメントスクールなどの参加経験がある
B切花園芸に精通していることをできる実績がある
※ABについては、ご自分が該当者になるかどうか不明な場合、日本切花装飾普及協会に確認しましょう。(例えば、いけばなの経験がAに該当しますか?とか)

●受験日
 毎年、4〜6月中旬。

●講習と、試験について
 専用の講習を受け、その後に70問の筆記試験が実施されます。
 内容は、切花の水揚げや鮮度保持を中心に植物の生態や分類、薬剤の使用方法、流通方法etc
 筆記試験の際には、テキストの使用が認められています。

●受験料
 税込39,000円。この金額で落ちるのはイタイです。ぜひとも一発合格を!
 ※上記金額には、講習料、テキスト代、昼食代が含まれます。

●受験要領の入手方法
 日本切花装飾普及協会の公式サイトに、請求用のフォームがあります。FAXで申し込む方法も明記されています。

●合格するために!
 受験を申し込むと、当日の講習に使用されるテキストが送られてきます。できれば、早めに入手し、予習しておきましょう。筆記試験の問題は、テキスト全体から出題されます。
 しかし、カットフラワーアドバイザーは、取るのが難しい資格ではありません。花に関する知識はあった方がいいですが、受験経験者からは、「講習を集中して聞くだけでも大丈夫」との声さえあります。自信を持って受験してください。

●合否の通知
 受験後、約一ヶ月後に、通知が郵送されます。

●合格後の手続き
 カットフラワーアドバイザーになるには、試験の合格後、日本切花装飾普及協会にカットフラワーアドバイザーとして登録しなければなりません。
 そして、登録後も、2年おきに更新が必要です。更新するには、有料(10,000円)の更新講習を受けなければなりません。私が、ただ持っているだけの資格としてはすすめたくない理由の一つです。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.