◆プリザーブドフラワー教室に入ると、何が必要で、どのように勉強していくことになる?

 花の教室に入ると、まず初めに、何が必要で、何から勉強をスタートしていくのかということは、経験しないと意外に分からないものです。
 このページでは、世の平均的なプリザーブドフラワー教室の、大体の「スタート時の様子」を紹介してみようと思います。(世の平均ですので、必ずどこの教室でもそうとは限らないことを、あらかじめご了承ください)
※いけばな教室編はこちら
※フラワーアレンジメント教室編はこちら

スポンサーリンク

◇多分、購入が必要になるものは……

 多分、購入が必要になると思われるものは、鋏です。
  プリザーブドフラワーの基本的な作成に必要な道具は、鋏のほかに、フローラルテープ、ワイヤー、ボンド、グルーガンなどがありますが、鋏以外は、教室に備え付けのものを使う場合が多いと思われます。個人で、各道具をそろえて持ってくるスタイルの教室は、必ず事前に「これとこれを持ってきてください」と案内されます。

 鋏は、一本で花材も、ワイヤーも、リボンも切れるようなクラフト鋏を使うことが多いです。どんな鋏を買うのがよいのか分からない場合は、教室で聞いてみましょう。

◇購入が必要かどうか微妙なものは……

 購入が必要かどうか微妙なものは、テキストです。
 テキストの購入は特に必要なく、毎回先生のお手製テキストのコピーで済むような教室もあります。しかし、資格取得のための教室であれば、専用テキストの購入が必要なことがほとんどです。

◇最初に教わることは?

 ほとんどの教室では、プリザーブド素材の扱い方、ワイヤーのかけ方などからレッスンを始めます。

《プリザーブド素材の扱い方》
 プリザーブド花材は、意外にも「決まった扱い方」があるものが多く、そういう「扱い方」を習いながら、毎回の課題を作っていくことになると思います。

《ワイヤーのかけ方》
 プリザーブドフラワーは、もろく壊れ易い素材を使いますので、ワイヤリングは必須です。これも、課題をこなしながら覚えていくことになります。

◇レッスン料と、花代の考え方

 花材と資材の代金が、レッスン料にコミコミの場合が多いです。レッスン料は、最低ラインが3,000円くらいでしょう。これより安い金額では、正直ろくな花材がそろえられません。
 レッスン料が高いランクの教室では、1万円超えのところもあります。(ブライダル・ブーケのコースなど選択すると、1万円を超えるのは当たり前です)

◇その他

 初心者の段階のプリザーブドフラワー教室は、「工作の時間」のような趣が強く、みんなでワイワイと作業して、その日の課題のアレンジを作っていくような形式になると思われます。
 一回のレッスンで一作つくり、出来上がったものを持ち帰れるのが一般的です。(教室によっては、できた作品をラッピングしてくれて、そのまま人様にプレゼントできるように仕立ててくれたりすることもあります)

◇花と緑の資格ブックス




Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.