◆ガーデニング系

 ガーデニング関係の資格のご紹介です。

◇菊花園芸士(日本園芸協会)

 菊花園芸士とは、日本園芸協会が認定する菊作りの資格です。基本の菊の育て方から、展示会向けの仕立て方まで、総合的な菊作りの知識・技法を学ぶことができる民間資格です。
  日本園芸協会の通信講座「総合菊づくり技能講座」の課題をクリアすると取得できます。合格は比較的容易です(私は、クリアできなかった人の話を聞いたことがありません)。取得すると、資格の証明書が発行されます。

 菊づくりの世界には、マニアの方がたくさんいます。菊づくり趣味は歴史も長く、江戸時代から技法書が出版されています。
「それじゃあ、さぞかし大小様々の団体から、菊関係のディプロマが出ているだろうな」と思いきや、菊花園芸士以外の菊の資格があるとは、私は聞いたことがありません。現状では、ほとんど唯一の菊の資格であろうと思います。
 よって、菊関係の講習会の講師の方のプロフィールを見ると、高い確率で「菊花園芸士」という肩書きが見られます。菊を知らない世間の方に、「私は菊の専門家です」とアピールしたいときに、この資格を持っていると分かり易くてよいのかもしれません(超菊マニアの方には、○○菊花連盟所属とか、○○菊花展で入賞、などの方がアピールできそうですが)。講師関係を目指す方や、マニアの世界に閉じこもりたくない方にはおすすめです。

スポンサーリンク

◇「総合菊づくり技能講座」の内容

 講座に入会を申し込むと、3冊のテキストと、全7回分の課題提出用紙が送られてきます(菊苗プレゼントを行っている場合もあります)。
 テキストは、「菊づくりの基本」「仕立技術の実際」「月別培養管理の実際」の三冊に分かれ、「菊づくりの基本」の段階から、観賞と展示の方法・品評会と出品という内容を含み、展示会への参加を大いに意識したものになっています。テキストの執筆者のリストを見ると、「菊の世界の有名人」が多く含まれ、よくこれだけ集めたなあと感じます。
 テキストの内容は、図解・写真が豊富で、基本に忠実で丁寧な解説と言えます。しかし、「本屋で菊づくりの専門書を買って、独学でも同じではないのか……」と感じる方も、中にはいると思います。同じだけのお金を使えば、もっと多くの情報を含んだ書籍や、菊苗が買えるんじゃないか、と感じる方もいるでしょう。
 しかし、この講座の目玉は、テキストよりも、むしろ個別の菊栽培の相談にも答えてもらえる「課題提出」の方にあると言えます。自分の育てている菊の相談を、講師に直接質問できるのです。いわば、菊づくりの「赤ペン先生」システムなのです。しかも、講師陣の質が非常に高く(園芸界の有名人がゴロゴロいます)、ここもよくこれだけの人を集めたなあと言えるポイントです。受講するのであれば、個別指導システムは、十分に活用するべきです。なかなか質問できないような先生に応えてもらえますから。

◇講座の費用・学習期間

◎費用……一括:48,000円(分割なら、4,300円X12回)
◎学習期間……7ヶ月(申請すれば延長できます)
日本園芸協会の通信講座の課題をクリアして取るので、テストだけ飛び込みで受ける方法はありません。

◇講座申し込みについて

ハッピーチャレンジゼミより申し込みできます。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.