ポプリの保存期限と、処分のタイミング

ポプリと、各種のポプリ材料の「保存期限」と、「処分」について、管理人が思っている基準を書いてみることにします。

※あくまでも、管理人個人の見解です。管理人は、かなりいい加減なポプリストですので、あまり真似しないほうがいいかもしれません
スポンサーリンク


◆ポプリの「保存期限」

自家製でも、既製品でも、私は「明らかにもうダメだ」と思う状態にならなければ、ポプリを処分しません。よって、「○年を目安にしよう」という思想は持っていません。(ただし、同じレシピのポプリを、毎年作りなおすというスタイルには、密かに憧れています)

「明らかにもうダメだ」と思う状態とは、

  • 虫や、黴が出る
  • 香りが、修正できないほどおかしくなる
  • 全体的にきれいじゃなくなり、ゴミ化の兆しが見え始める

というような状態です。私は、香りが薄くなっただけでは処分せず、新しい材料を加えたり、オイルを足したりすることで、やや無理やりな感じでも再生させることが多いです。
ただ、「あまりにも無理な再生で、やっててイヤになった」場合は、処分してしまうかもしれません。また、香りも見た目もそれほど劣化していなくても、「完全に同じレシピのポプリを、新しく作った」のであれば、古いものは処分するだろうと思います。(かつて、同一の処方で作ったことは一度も無いのですが)

◆ポプリ材料……花や葉の「保存期限」

上の項と、よく似た基準なのですが、私はポプリ材料の花や葉も、「明らかにポプリ作りに使用できない」と思わなければ処分しません。
同じようなことを書いて申し訳ないのですが、

  • 虫や、黴が出る
  • 香りが悪くなる
  • ポプリに作る意欲が無くなるほど、見た目が劣化する

というようなときに処分することにしています。
例外的にあるのが、稀に膨大な量を作ってしまい、それが1年くらいたってもまだ大量に残っていたりすると、「さすがに処分してもいいかな」と思って捨てることはあります。

◆ポプリ材料……ハーブ類の「保存期限」

既製品のドライハーブを購入したものは(滅多に購入しないのですが)、上までの項と同様に、「明らかにポプリ作りに使用できない」と思うまでを期限としています。
自家製のドライハーブは、必要な分を作るようにしているので、ストック自体が発生しません。もしも、ストックが発生したと仮定すると……1年で、新しいものと換えるような気がします。

◆ポプリ材料……スパイスの「保存期限」

私は、ポプリ専用にスパイスを買うことはありません。キッチン用に買ったものを、ポプリに流用することにしています。なので、ハーブに記載してある「消費期限」に従って処分します。
もしも、ポプリ専用にスパイスを買ったと仮定すると……良い香りがしているうちは、処分しないだろうと思います。

◆エッセンシャルオイルの「保存期限」

エッセンシャルオイルについては、こちらの記事を参照ください→エッセンシャルオイルについて