ポプリ材料の乾かし方4

【果皮の乾かし方……かんきつ類】

レモン、オレンジ、グレープフルーツなどのかんきつ類は、果皮を薄くむいて乾かし、ポプリ材料にすることができます。

たとえば、レモンなら、このように皮をむいて乾かします。

なるべく、皮の白い部分を残さずに剥いた方がきれいに出来上がりますし、早く乾きます。

スポンサーリンク


【かんきつ類なら、ほとんど作成可能】

かんきつ類なら、ほぼすべての種類がポプリ材料にすることが可能で、洋柑橘だけでなく、文旦、スダチ、はっさくなどでも同様に作れます。ただ、もっとも入手しやすい「ミカン(温州みかんなど)」は、皮が薄すぎてうまく剥けないので、私は使いません。(見た目が悪くても、白い部分ごと乾かしてしまおうと思えば作れます)

【かんきつ果皮は、そのまんまの香りになる】

かんきつ類のポプリ材料の香りは、大体その果実の香りや印象と同じものができあがると思ってまず間違いないです。レモンの香りは鋭い酸味を感じさせ、オレンジは甘味を持った香りです。スダチやカボスなら、和を感じさせる渋みを含んだ柑橘香になります。

【かんきつ類は、失敗知らず】

かんきつ類は、種類を問わず1~2日で乾き、失敗することもほぼ無く、家で食べるときにゴミにするものから作れますので、入手したものはどんどん乾かしてポプリに使えます。
入手したものすべてを乾かしていくと、花のポプリ材料よりもかなり簡単に溜まっていきますので、なんだか一年中「柑橘メイン」のポプリを作るハメになったりします。