ポプリ材料の乾かし方3

【レンジの使用】

ポプリ材料の乾かし方の一つに、電子レンジで加熱する方法があります。
やり方は二つあって、「生の材料を、最初からレンジ加熱で乾燥させる」か、「自然乾燥させたものの、最後の仕上げ乾燥に、短時間だけレンジにかける」という方法になります。

私は、後者の方法、つまり「自然乾燥の仕上げ」にしか使いません。理由は、こげたりせずにきれいに乾燥させる自信が無いからです。生をレンジにかける方法の解説など見ると、「天板にペーパーを敷き、花びらを重ならないように並べて3分加熱」などと大雑把に書いてありますが、私の実験したところでは、3分できれいに、完全に乾燥できる花などほとんど無いです。本当に、レンジの力だけできれいに乾燥させようとすると、何十秒単位の加熱を何度も繰り返して、材料の場所を変えたり、裏返したりする必要があり、付きっ切りで1時間以上かかると思います。これでは、早く簡単にしたいがためのレンジ利用の意味がありません。
あるいは、最新式の電子レンジなら簡単にできるのかもしれませんが、私が5年以上愛用している小さな電子レンジでは「無理だ」と断定しまして、うちでは自然乾燥の、ほんの最後の仕上げに、長くても1分程度かけるようにしています。

理想は、自然乾燥だけでもパリパリになるほど乾かし、仕上げに30秒ほどレンジ加熱、という工程が望ましいのですが、たまに面倒になったり、「次の材料に取りかかりたい」などの理由で、「本当は、もう一息乾かしたい」という状態のものを、レンジで早めに乾燥終了に持ち込むことがあります。
その場合は、材料の様子を見て加熱時間を決めます。
安全策を取りたいなら、長時間加熱はせずに、短い時間で何度も加熱した方が良いです。私は、最長時間は1分にすることに決めています。

場合によっては、1分でも「かけすぎた」と後悔することがあります。加熱しすぎると、材料の周辺部分が焦げてしまいます。
たとえば、これが失敗画像ですが……

花びらの縁が焦げてしまっています。
この程度なら、まだ無理やりポプリ材料になりますが、もっと焦げると捨てるしかありません。特に、貴重な材料や、高価な材料、個人的に楽しみにしていた材料を乾かすときには、焦がさないように注意しないと、ダメになったときのがっかり感が大きいですので気をつけましょう。

大した手順ではありませんが、レンジ加熱の方法を、以下に記しておきます。

1.天板にクッキングペーパーを敷き、材料を重ならないように並べる
2.材料にふさわしい時間だけ加熱する(30~40秒程度で様子を見る方が安全)
3.十分乾燥していたら、紙の上に広げたまま冷まして粗熱を取る
 加熱が十分でないと思ったら、もう一度加熱。このときに、必要だと思ったら、材料の上下を返したり、場所を変える。また、十分加熱できているような材料があれば、取り除いて冷ましに入らせ、二度目の加熱にはかけない
4.必要なら、3度目以降の加熱も行う。(焦がさないように注意する)
以上。