◆花屋さんは、どこまで持ち込みOKか?

花屋さん 持込 人形

 サービス業の中には、サービス内容の一部に、持ち込みを許可しているものがあります。
 例えば、レンタル会議室で、飲み物の持ち込みOKとか、結婚式場で、ケーキやブーケの持ち込みOKなどです。

 では、花屋さんには、何が持ち込みできるのか? そして、決して持ち込んではならないタブーなものは何か? 花屋さん側からは「常識」でも、お客さん側からは「へー、そうなんだ」と言われることが、意外に多いものですから、コラムにしてみました。

スポンサーリンク

(1)器の持ち込みはOK!

 家にある花瓶を、そのままお店に持って行き、店頭でお花を買って「これに生けてください」というのは、普通はOKです。技術料も、取らないお店が多いです。(超高級店は、取るかもしれません)
 フラワーアレンジの器(籠、カップetc)の持ち込みは、ちょっと微妙です。なぜなら、一応、アレンジの容器も、花屋さんの「売り物」だからです。が、「アレンジの器で儲けよう」という花屋さんも滅多にいませんので、「OK」と言われるのがほとんどだと思われますが、嫌な顔をされたくなければ、「持込の器にアレンジを作ってもらえますか?」と、事前に聞いてみましょう。

(2)小道具の持ち込みもOK!

 花束やフラワーアレンジメントの作成には、小道具を使うことがよくあります。小さなぬいぐるみ、オーナメント類など、持ち込みOKの店舗がほとんどです。(一部の超高級店はちょっと微妙。単刀直入に聞いてみるのが一番です。)どんな風に使いたいかを、はっきり申告してもらえた方が助かります。
 また、リボンや、ラッピングペーパーの持ち込みも、同様にOKな店舗がほとんどです。しかし、「ラッピング材を持ち込んだのだから、その分安くしろ」などの交渉は無駄だと思います。なぜなら、ほとんどの花屋さんは、ラッピングをサービスで行っています。元々、無料のものはお引きできません。また、ラッピング代が別になっている花屋さんも、手間賃として考えていることが多いので、交渉して無料にするのは難しいと思います。

(3)他店舗で購入のお花は、さすがにNG

 どんな業種でもそうだと思いますが、こればっかりは勘弁してください。

(4)「家の庭で咲いた花」は微妙

 私は、一度、「家で咲いたシンビジウムを主にした花束を作って欲しい」と言われ、請け負ったことがあります。
 結果的には、喜んでいただけたので、まあ良かったのかなと思いますが、今でも「びみょーな注文だったなあ」と思います。
 結構立派な花束を作っても(花がたっぷり付いたシンビ3本でした)、いただけるお代は僅かでしたからね。合わない仕事だったのだろうと思います。
……と、私が後になって気が付くことを、普通の花屋さんはあらかじめ見越しているので、「どんなお花も持ち込みNG」と考えるのが無難です。
「あら、私はうちの亭主が釣った魚を、魚屋さんにさばいてもらうわよ。それと同じじゃない」ですって?
 それは、多分、長年通っている懇意の魚屋さんではないですか?
 花屋さんも、上得意のお客様の言うことなら、聞かないものでもありません。懇意な花屋さんがある方は、聞いてみたら良いと思います。
 または、特に上得意でなくても、「どこで咲いたお花でも、うちは持ち込みOK」「ホントは嬉しくないけど、1円でも売上げになるなら断りたくない」などの理由で、意外にすんなり「OK」と言われる可能性もありますので、各店舗で確認するのが良いでしょう。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.