◆カラーの髪飾り

 作成画像第四弾です。少し変わった形の花も扱おうと思い、カラーを使ってみました。
 カラーは、大きさも出せ、形も個性的なわりに、値段はそれほど高くないので、髪飾りの素材としては人気があります。この記事の画像は白のカラーを使いましたが、黄色やピンクや、ものすごく濃い赤紫などの色もあります。

スポンサーリンク

◆カラーの髪飾りに使用するもの

  • カラー
  • ワイヤー(今回使用したものは22番。でも、20番や24番でも可)
  • フローラルテープ
  • コットン(キッチンペーパーや、ティッシュペーパーでも可)
  • 空き瓶(作業中の髪飾り置き場に使います。花瓶とかコップでもいいです)

◆カラーの髪飾りの作り方

 カラーは、緑の茎の部分を1cmほど残して切り、ワイヤーは半分の長さに切ります。


 二本に切ったワイヤーを、花首の根元のところに十字に刺します。




 刺した二本のワイヤーを、両方U字型に折り、花にワイヤーの茎がついたような形にします。

 ワイヤーは、茎の切り口から5〜7cmくらい下のところで切っておきます。

 カラーはどこかに置いといて、コットンに水を含ませたものを作ります。


 その塗らしたコットンを、カラーの茎に巻きつけます。


 コットンの上から、フローラルテープを巻きます。花首のすぐ下からフローラルテープを巻きはじめ、ワイヤーの端まで巻きます。ワイヤーぴったりでテープを終わらせるのではなく、ワイヤーの下にテープが少しあまるくらいの感じで巻きます。

 出来上がりです。参考までに、ものさしと一緒に写してみました。(毎度クラシックなものさしでスミマセン)

 すぐにつけるのでなければ、花瓶や空き瓶などを「一時置き場」にして置いときましょう。

 上の画像で時計が一緒に写っているのは、こちらの記事=生花髪飾りがどのくらい持つのかチェックしてみた のためです。髪飾りの持ちが気になる型は、参考にご覧ください。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.