◆ガーベラとスーパーレディの髪飾り

 前の記事は、「作り方・知識編」でしたが、この記事からは実際の作成画像を出します。
 ガーベラと、スーパーレディを使った髪飾りの画像ですが、特に素人さんに扱いやすいのはスーパーレディのほうです。

スポンサーリンク

◆ガーベラとスーパーレディの髪飾りに使用するもの

◆ガーベラの髪飾り

 ガーベラは、茎を1cm程度残してカットします。


 半分の長さに切ったワイヤーを、ガーベラの茎に刺します。

 初めて作る方は、なるべく慎重に刺しましょう。花首に届くくらいまでワイヤーが到達する感じに刺してください。
 刺したワイヤーは、茎の切り口から5〜7cmくらいのところで切ります。

 ガーベラに水を持たせるために、塗らしたコットンを作ります。

 コットンに水を含ませている間、ワイヤーを刺したガーベラは、花瓶なり空き瓶なりに挿しておくといいです。臨時に花を挿せる場所を作っておくと、急にほかの用事をするときに便利です。

 塗らしたコットンを、ガーベラの茎に巻きつけます。


 コットンを巻きつけた状態で、花首の方からフローラルテープを巻きはじめ、ワイヤーの端まで巻きます。ワイヤーぴったりでテープを終わらせるのではなく、ワイヤーの下にテープが少しあまるくらいの感じで巻きます。

 これで完成。

 「臨時置き場」の空き瓶に挿しておきます。

「時間経過」の解説のために、時計と一緒に撮っています)

◆スーパーレディの髪飾り(ものすごく初心者向けです)

 こちらは、ガーベラと違って枝分かれのあるもの数本を束ねて作ります。

 私は、スーパーレディは、髪飾りの素材として、ものすごく素人さん向けだと思います。理由は、ほぼ失敗しないと思うからです。
 スーパーレディというのは、こういう花なのですが、

この花は、簡単にドライフラワーにでき、乾いても色が良く、茎がくたんと曲がったりしません。つまり、水のケアを考えずに作れます。
 スーパーレディは、実はスターチスの仲間です。なので、ドライフラワー化しやすくて当然なのです。しかし現状では、知名度が低いおかげで、スターチスのような「ああ、よくあるドライフラワーの花ね」というイメージがまだありません。ドライフラワーのやつ、というイメージは、生花髪飾りとしてはややマイナスポイントになるのに、スーパーレディにはその「マイナス」が無いのです。
 しかも、水の含有率が少なくて、紙のようにシャラシャラした質感の花なので、触って傷つきやすいような花ではありません。作業に夢中になって、強く握ってしまっても大丈夫です。これは、完全に初心者向けの材料でしょう。

 では、そんなスーパーレディを使って髪飾りを作ってみましょう。
 まず、スーパーレディの葉を取り除き、短く切ります。「葉」というのは、下の画像の、赤丸をつけたような部分ですが、

この工程は、真の素人さんは面倒くさかったら飛ばしてください。面倒じゃない人は、葉っぱを全部取ったほうがきれいにできます。

 葉っぱを取ったら、スーパーレディの花のついた枝先を、好みの長さ(3cm〜7cmくらい)に切ります。
 下の画像は、少し長めに7cmくらいにしました。


 上のように切り分けた枝を、まずは1本手に持ち……

そこに、もう1本足して……

さらにもう1本足して……

というように、一本ずつ足しながら(つまり、それなりに形を作りながら)束にしていき、「このくらいかな」というボリュームになるまで足してください。もしも、「このくらい」が全然分からなかったら、7〜10本くらいで一束にしてください。
※「それなりに形を作りながら」と書きましたが、そんなに神経質になり過ぎなくても大丈夫です

↓私は、このくらいで「一束」にしてみました。


 一束にしたら、茎を切りそろえます。緑の茎の部分を、大体1cm〜2cm残すくらいの長さで切りそろえてください。


 切りそろえたら、茎の束の真ん中に、半分の長さに切ったワイヤーを芯になるように刺します。

 半分に切った残りのワイヤーで、茎と芯ワイヤーをぐるぐる巻いて束ねます。


 ただぐるぐる巻けばok。


 ワイヤーを巻いた上から、フローラルテープを巻いていきます。ワイヤーを巻き始めたところより、少し上くらいのところからテープを巻き始めてください。

 ワイヤーぴったりでテープを終わらせるのではなく、ワイヤーの下にテープが少しあまるくらいの感じで巻きます。

 上の画像の花には、一箇所飛び出してしまった枝があります。こういうのは、後から切れば大丈夫です。
 実際に触ってみると分かりますが、ワイヤーやテープを巻くときに夢中になって花を握りつぶしてしまっても、スーパーレディならビクともしません。素人の方でも、安心して作業に集中できます。
 また、ガーベラの作り方も見てくださった方は分かると思いますが、ガーベラのときと違い、スーパーレディには「水を含ませたコットン」をつけていません。つまり、水なしで髪飾りパーツにしています。
 フラワーの技術書など見ると、髪飾りパーツの作り方としては、どんな花でも「水を持たせよ」と書いてあるのだと思います。しかし、素人さんがスーパーレディのような花を扱うときには、「水無しで大OK!」と私は思います。一日くらい、ほんの少々の水のあるなしで、スーパーレディの見た目はほぼ変わらないです。ウソだと思ったら、水の入った花瓶に入れたスーパーレディと、その辺に水なしで放り出しておいたスーパーレディを、数時間後に見比べてみてください。私が「大OK」という意味が分かると思います。

 スーパーレディのパーツは、少しサイズを変えて2つ作ってみました。

◆美容院に持っていくには

 上の二項で作ったようなパーツを持って美容院に行くときには、持ち歩く最中に花を傷つけないように気をつけましょう。

 ここで紹介したスーパーレディなら、傷つく心配は不要です。適当に袋にでも入れて持っていけば大丈夫です。ガーベラなどの花は、箱に入れてそっと持っていくか、ボール紙などに茎のところをセロテープで仮留めし、膨らませたビニール袋に入れて持っていくか、いっそガーベラの項で紹介しているような「空き瓶の臨時置き場」のまま持って行きましょう。

◆この記事で仕立てたガーベラとスーパーレディが、どのくらい持つのかを、次ページで実験しました



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.