◆生花の髪飾りを上手に発注しよう

 結婚式とか、成人式、卒業式、謝恩会、フォーマルな服装のパーティーなどで、生花を髪飾りにする場合の発注方法を紹介します。
 美容院によっては、「花の注文はこちらでします」というところもあるのですが、つける本人が美容院に持ち込むことも多いので、このような記事を設けました。

 生花の髪飾りは、和装にも洋装にも導入できます。ちなみに、上の画像は和装のヘアです。

スポンサーリンク

◆先に美容院に相談するのが正攻法

 セットを美容院でする場合、花屋よりも先に、美容院側と「生花を髪飾りに使うこと」について相談するほうが話がスムーズに進むと思います。予約の際に、その旨伝えるといいです。
 美容院に提携の花屋があると、美容院から直接花の発注をしてくれます。そのような美容院だと、髪飾りの細かいことは全部プロに任せたいと思っている場合は、発注を美容院に丸投げすることも可能です。

 美容院側から、生花を用意してきてといわれたら、ご自分で花屋に注文して持っていきましょう。また、美容院に提携花屋があったとしても、「花は自分で用意したい」と言えば、別の花屋の花を持ち込むことも可能なはずです。

 困るのは、「生花の髪飾りは扱いません」という美容院だった場合です。最近では少ないと思いますが、生花を取り付けるセットはしない美容院もあります。そういう美容院を使うなら、生花はあきらめないといけません。その場合、どうしても生花の髪飾りを使いたいなら、美容院を変えることを考えましょう。

◆美容院に相談した後に、花屋さんに注文しよう

 生花の髪飾りは、自分で作るのでないかぎり、普通は花屋さんに注文します。
 自分の懇意の花屋さんがあればそこに頼むのがいいですし、ご自分の行動範囲内にあるセンスの良さそうな花屋さんを選んで頼んでもいいです。値段が高くてもいいなら、有名デザイナーがいるような花屋さんに頼むのも良いでしょう。

 注文は、基本的には事前にしてください。飛び込みで頼むということは、「今、店にある花の中から選び、パーツに作るのに少なくとも30分以上は待ってもらう(数が多ければ、もっと待ってもらう)」ということいなります。それで良いということでしたら、
「今から作ってください!」
という発注もアリです。

◆発注の仕方

 花屋さんに発注する際には、下記のようなことを申告してください。
  • 髪飾りをつける際の服装、ヘアスタイル……それぞれ、写真があるとベスト。重要なシーンに使うときほど、詳細に申告していただきたいです
  • どんな感じがいいのか……具体的なイメージを持っているなら、それを申告してください。もしも、全然こだわりが無いなら、「おまかせ」でいいです。
  • 花材……具体的に「この花」というのが決まっていたら、申告してください。(場合によっては「それは無理」と言われる可能性があります)具体的でなくても、「こんなような花」というオーダーでも大丈夫です。「この色」「こんな形」という程度でもいいです
  • ボリューム感……なるべく頭を花だらけにしたいとか、花はチョコンチョコン程度でいいとか、申告してください

 必須ではありませんが、雑誌の切り抜きなどを持ってきて「こんな風に」と言うのも、具体的なイメージを伝えていただく手段として非常に良いです。

◆生花髪飾りは、いくらくらい?

 使う花の種類や量により、髪飾りの金額は大きく異なります。たとえば、ガーベラ1本くらいだったら1,000円以下でできることもありますし、胡蝶蘭三昧にするなら1万超えもあり得ます。

 世間の平均的な値段ということになると、私の花屋さん的体感では、いろんな使い道のオーダーを全部平均するなら「3,000〜5,000円の間」くらいが一番多いように思います(東京値段です)。
 少しお値段が高いオーダーが入るのは、やはり結婚式で、花嫁ならば5,000円より上のことが多いです。

◆髪飾りによく使われる花材

 髪飾りに比較的よく使われる花材は、 などがあります。上記のもの以外にも、色々な花が使えますし、グリーンを使うのもステキです。

◆最近の髪飾りは、巨大化の傾向

 ここ最近の髪飾りの傾向は、とにかく巨大化しているということです。巨大化の火付け役は、多分、この結婚式だろうといわれています。
 素人の方は、まさかここまでは「大盛り」にしないだろうと思いきや、最近の成人式のニュース映像など見ていると、結構な大型髪飾りが珍しくなくなっていることに気づかされます。
 大きい髪飾りに挑戦したい方は、今がそのチャンスです!

【参考】手作り髪飾りの作成記事は、こちらをご覧ください→番外編:生花髪飾りを自分で作る


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.