◆父の日用:花のオーダーのヒント集

 父の日の花ギフトは、母の日の花ギフトに比べると、かなり影が薄いです。花屋さんにも、「父の日は儲かる」という気持ちは、正直あまり無いです。
 しかし、父の日のギフトとして、「花」は一応定番アイテムではあるのです。

 この記事では、父の日の花ギフトとして、結局定着してきたのはコレだなと、管理人が思っているものを挙げてみます。
(「世に定着していると言える」ものをセレクトしてみますので、あまりトリッキーなものは無いです)

スポンサーリンク

◆もっとも定番と言える花は、ヒマワリだと思う

 ネットでちょちょっと検索してみると分かりますが、「父の日の花=バラ」としている情報サイトは、非常に多く見受けられます。
 しかし、管理人が花屋さんの実感として思うことは、
「バラよりも、ヒマワリじゃね?」
ってことです。

 ヒマワリとバラは、単価が違うので(一般的にはヒマワリの方が安いです)、両者を単純に比べることはできないのですが、私の花屋的体感からすると、「父の日に何の花を一番包んだ?」って言われたら、
「ヒマワリかなあ」
と思います。

 決して、「ヒマワリばっかり売れて、バラは売れない」という意味ではありません。バラはギフトにしやすいし、「バラとヒマワリがメイン」という商品だって作ります。しかし、「父の日」と聞いたときに、真っ先に浮かんでくるのは、私の場合はヒマワリです(私は、東京・千葉の複数の店舗に出入りしますので、一店の傾向ではないです)。

ヒマワリのブーケ
サンブロッサム-向日葵(ひまわり)アレンジメント!

 ヒマワリに、カッコイイ系の葉ものをあわせたりするのが、喜ばれるように思います。
ひまわりの花束
スタイリッシュヒマワリの花束

◆「過剰にカワイイ」「過剰にロマンチック」でないほうがいい

 男性向けの花ギフトは、あまりにもロマンチックだったり、やけにカワイイ方向に走りすぎたりしていると、なんとな〜くミスマッチ感があって微妙な贈り物になります。
 特に、「それを持って、電車に乗って帰る」ようなときは、「ラブリーすぎる花束の刑」みたいなことになり、シャイな男性にはキビシイこともあります。

◆ラッピングは青系かグリーン系

 男の人への贈り物だから、「男の子の色」である青やグリーンがふさわしいでしょ、ということですね。ラッピングペーパーやリボンを青かグリーンにするのは、父の日ギフトでは主流と考えて良いと思います。
 花本体が赤やピンクでも、ラッピングを渋いグリーンにしたりすると、それだけで男性でも照れずに持てる花になることは多いです。男性向けの花ギフトは、「相手が照れないものは何か」というのは大きなポイントになります。

イエローブーケ【送料無料】【プレゼント】男性に渡すのにピッタリサイズ♪オシャレかわいいブーケタイプ♪
【父の日】

◆色で人気なのは、なんといっても「黄色」

 「父の日で人気がある花=ヒマワリが黄色」ということだけでなく、「赤やピンクでは男性らしくないかもしれない」と考える人が多いことや、「男の子の色のラッピング=青系ラッピング」に映える色が黄色であることなど、複合的な理由で、黄色が一番売れるのだと思います。母の日に贈った花とはちょっと違う雰囲気にしようという思いもあるのかもしれません。
 父の日の花として、「黄色」は定番色と言って良いと思います。

黄色のキラキラアレンジ
アレンジメント・イエロー系

 黄色の花で、メインにしやすいものは、ヒマワリのほかには、バラ、ガーベラなどがあります。

バラ。
黄バラのアレンジメント
モダンブーケ★黄色・オレンジ系のバラ15本

ガーベラ。
【最速で翌日配送対応】花束「ジェルブラ・ジョーヌ」
フラワー ギフト アレンジメント

◆「黄色メインに、青のさし色」も定番

 青は、黄色の反対色で引き立てあいますし、上にも書いたように「男の子の色」なので甘くなりすぎないのが、男性へのギフトにふさわしいのでしょう。

黄色のバラと青の花束「爽!」
ブルーと黄色のアレンジヒマワリとデルフィ

◆人気二番手の色は「オレンジ」

 父の日の花ギフトで、黄色に次ぐ人気色は「オレンジ」です(大きくいうとオレンジも「黄色系」ですが)。やはりオレンジ色も、赤やピンクをなんとなく避け、男性にもふさわしい元気の出る色として選ばれているようです。
 黄色もそうですが、オレンジ色の花は、周囲をパッと明るくする力がありますので、贈り映え・飾り映えする花です。

【日比谷花壇】【ネット限定】アレンジメント「スマイルボックス(オレンジ)」
【日比谷花壇】【送料無料】【ネット限定】そのまま飾れるブーケ「フレッシュオレンジ」

◆最近、定番の位置に浮上してきた「お酒と花のセット」

 ここ数年で、ぐいぐいと地位を上げてきているのが「お酒と花のセット」です。
 お酒とお花のセットについては、独立した記事がありますので、こちらをご参考に→花とお酒のギフト

◆いっそグリーン=観葉植物

 花って感じでもないな……というときに、観葉植物を贈る方はちらほらいます。が、定番の父の日ギフトとは言えないように思います。
 私の感触ですと、「花を贈ろうとして花屋まで来たけど、カワイイ花も微妙だな……いっそ観葉植物の方がいいかも。父はガーデニング嫌いじゃないし」という感じで選んでいく方が多いように思います。

 特に父の日用観葉植物は決まっていないので、お父様の好きそうなものを選ぶのが良いと思いますが、ものすごくストレートに愛情のメッセージを伝える観葉鉢としては、最近はこういう系がよく売れます。
グリーンネックレス 多肉植物
↑これは、グリーンネックレスをハート型に仕立てたものですが、グリーンネックレスが特に売れているわけではなくて、「なんらかのハートモチーフのもの」が売れているという意味です。
 たとえば、ハート型の葉っぱのハートホヤや、ウンベラータとか。ハート型に仕立てたローズマリーやアイビーとか。ハート型の鉢に、観葉植物を寄せ植えにしたものとか。見た目のどこかにハート型のあるものが選ばれていると感じます。(なんか、SNS的な理由のような気もします)


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.