◆敬老の日用:花のオーダーのヒント集

 敬老の日にギフトとして、花はかなり定番の商品です。敬老の日市場の二大巨頭は、「花」と「スイーツ」なのだそうです。

 敬老の日は、母の日のカーネーションのような、「敬老の日と言えばこの花」という決まったものがありません。ということは、贈る人の思いと、贈られる人の好みで決めていいということなのですが、世間には「なんとなく敬老の日にふさわしいっぽい」とされている花ギフトがありますので、その紹介と、それについて管理人がどう思っているかを書かせていただきます。

スポンサーリンク

◆敬老の日の花商品で多いのは、「和風っぽい花」

 ネット花屋の敬老の日特集など見ると、いまだに「敬老の日らしい花」というのは、「和」のテイストの花のようです。
 たとえば、和風の器に和花が入ってるとか、ラッピングが和柄とか、水引が付いてるとか、そういうものです。

生花
敬老の日 アレンジメント「まごころ包み=秋の到来=」
敬老ギフト 和風モダンアレンジ

プリザーブドフラワー
敬老の日 プリザーブドフラワー「祝菊=長寿を祝う鶴と亀=」
【和風 花 お飾り】 プリザーブドアレンジ・結(ゆい) 【ギフト・敬老】

 これは、「分かりやすい敬老の日商品」なんだろうなとは思いますが、すでに時代錯誤の気配がし始めていると、個人的には思います。
 おばあちゃんとおじいちゃんの好きなものを選んだら、それが「和」のものだった、というなら良いんです。しかし、「敬老の日→老人→古い→古くさいものを喜ぶはず」という論法で和のものを選ぶのであれば、それは相当「現代のおじいちゃん・おばあちゃん」の感覚からズレていると思います。

 和のものを選ぶなら、本当に贈られた側が喜ぶかどうか、考えてください。最近のおばあちゃんたちは、年寄り風な花など喜びません。せっかくのギフトであれば、華やかなものの方が喜ばれる確率は絶対に高いです。
 でもまあ、もらう側も大人ですので、年寄り風の花であっても、「敬老の日の花ってこういうものよね」と納得されるかもしれませんけど……。

◆「菊」メインの商品が多い

 敬老の日の花束にも、アレンジメントにも、プリザーブドフラワーにも、「メインに菊が入っている」ことが多いです。

敬老の日 寄せ鉢「秋景の風」

 私は、菊が悪いとは言いません。菊は、季節的にはふさわしいですし、最近は多様な品種の菊が出回っていて、ギフトに積極的に使っていい花だと思っています。ただし、「ババアは菊とか好きだろ」という思想で選ぶことには賛成しません。上の項にも通ずることですが、花自体の美や魅力で選んであげてください。「老人っぽい」という理由で選ばれたら、菊も不本意だろうと思います。

【日比谷花壇】【敬老の日】アレンジメント「シャンレザン」
 菊を使った、ゴージャスなアレンジメントなども、探せばたくさんあります。

◆昔から人気があるのは「リンドウ」

 切花でも、鉢花でも、敬老の日のギフトで、リンドウの人気は衰えません。秋にふさわしいことと、鉢の場合は気軽に買えるタイプの鉢(大きさもお値段も)であることと、穏やかな美しさを持った花であることが人気の秘密でしょうか。

敬老の日 鉢植え「りんどう 白寿=長寿の願いを込めて=」



 リンドウは、それほど高価な花ではないので、花束やアレンジの値段を吊り上げることはありません。また、長さのある花材なので、花束に作るときに、大柄の束にすることができます。

◆要するに、「秋」の風情があるものが人気

 敬老の日は9月で、これから秋を迎える時期です。なので、秋らしい花が売れるのは当然ですね。9月も後半になったら、たとえ残暑がキビシイ年でも、「夏まっ盛り」みたいな花は、季節はずれの気配がしてきます。上の項で紹介した「菊」や「リンドウ」が選ばれるのも、季節感が好まれているというところが大きいです。

【日比谷花壇】【敬老の日】花束「マニフィーク」

【日比谷花壇】【敬老の日】アレンジメント「菊月」

◆敬老の日の花の人気カラーは、「黄・オレンジ系」か「紫系」

 なぜか、敬老の日の花は、黄かオレンジがメインor紫メインのものが多いです。

 黄色・オレンジ色は、秋の季節的なカラーから来ているのかなと思います。(実りの秋・紅葉の秋・菊やおみなえしなど秋草の黄、などから来ている?)


敬老の日 花束「Autumn Flowers=感謝の気持ちを託して=」

 紫が選ばれるのは、落ち着いた大人の色だからでしょう。

◆ラッピングペーパーは、激渋い色が人気

 これも、落ち着いた大人の雰囲気&秋の気配がそうさせるのか、花束にしろ、アレンジメントにしろ、ラッピングペーパーは、茶色・えんじ・モスグリーンなどの激渋色がよく使われます。

【日比谷花壇】【敬老の日】そのまま飾れるブーケ「オータムスペシャル」

◆花と御菓子のセット

 これは、最近のネットで贈る花ギフトの中では、非常に人気が高いです。贈る側も、贈られる側も喜んでいる気配が強いので、利用する価値アリと思います。お菓子と花の組み合わせは、これぞギフトという感じで、そこが広く喜ばれるポイントなのかなと思います。

【日比谷花壇】【敬老の日】文明堂「特撰五三カステラとアレンジメントのセット」

【日比谷花壇】【敬老の日】新宿中村屋「月餅とアレンジメントのセット」

 商品を見れば分かりますが、花とお菓子のセットは、花屋側の商品であるのに、決してお菓子も手抜きでないものが多いです。(そうでないと売れないんでしょう)

◆鉢花は、それを好きな人に贈ろう

 敬老の日に鉢花を贈るなら、できれば園芸に少しは興味がある人に贈るのが望ましいです。
 敬老の日に限らず、母の日やお中元・お歳暮に鉢花ギフトを贈ることはあるかと思いますが、植物にまったく何の興味も無い人、家に鉢なんか置きたくない人に贈っても、無駄と言うか、喜んでもらえないです。多分、歓迎されない鉢花は、花が終わったら即ゴミになるので、誰も良い思いをしません。
 園芸に詳しい人に限ることはありませんが、「何らかの興味がある」ことが分かっている人に贈ってあげてください(うす〜い興味でもいいので)。

 しかし! 園芸に詳しかろうが、興味が無かろうが、誰にでも効力があるタイプの鉢花というのがありまして、それの筆頭が胡蝶蘭です。あそこまでいくと、すでに様式美の世界で、かえって人を選びません。ギフト市場に確立された地位、「贈答品」として完成され認知された固有のスタイル、誰でも知っている「ある程度のお値段」、ちゃんとした、大人のギフトです。
 胡蝶蘭鉢は、そこそこの園芸好きさんでも、どうせ育てられません。「根っこのある花束」として考えていいものです。

●敬老の日用 寄せ鉢
敬老の日 寄せ鉢「オータム・パレット」
【日比谷花壇】【敬老の日】秋の寄せ入れ「ハッピーガーデン」

●胡蝶蘭
敬老の日 鉢植え「胡蝶蘭 愛寿=ANZU=」
【日比谷花壇】【敬老の日】ミディ胡蝶蘭「ピンクエレガンス」

◆基本的に、華やかな花ギフトは嫌われない

 この記事では、「敬老の日には菊が売れる」「リンドウも売れる」「渋いやつが売れる」などと書いてきました。
 しかし、これも再三書いてきたことですが、今日びの若々しいおじいちゃん・おばあちゃんは、いぶし銀みたいな花をそんなに喜びません。個々の「贈られる側」の人に聞くと、やっぱり華やかなものがお好きなのです。

 こんなに派手なものは恥ずかしくて……というのは、服やファッションアイテムには当てはまることもあると思います。でも、家に飾る花は、どんなに明るく華やかでも、住んでいる人が気恥ずかしいようなことはありません。
 特に、フラワーギフトは、「華やか」が許される飾り物です。男性に贈るから赤やピンクはオカシイ、というものではないのです。年配の方に贈るからリボンはやめようとか、そんなのも無いです。

 いつまでも華やかが許される花ギフトで、それを楽しまなくてどうする、と思います。
 シックのきわみみたいな花もすばらしいですが、ストレートに華やかな花も、同じように喜ばれるとお考えください。

敬老の日 アレンジメント「Nuit de l'automne=お洒落な秋の贈り物=」
敬老の日 アレンジメント「パンチュール=幸福を願って=」

【日比谷花壇】【敬老の日】プリザーブド&アーティフィシャルアレンジメント「エクレラージュ」
【敬老の日】フラワーケーキ・ホール


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.