◆花嫁が手作りできるウエディング・フラワー:ギフト用ブーケorフラワーアレンジメント

手作りブーケやアレンジメント

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きみたいなものをお読みください。
※フラワー製作未経験の方にも役立てていただける情報です。

◇ゲストにお渡しするブーケやアレンジメントを自作する……フラワー経験者の場合

 多くの花嫁さんが、「ゲストに、ほんの小さな花でいいからお渡しできるといいな……」と思うもののようです。それが自作できたら、本当にステキだと思います。

 このときに、花は特定の誰かに渡すのか全員一律に渡すのかという、二つの選択肢があります。

 全員に渡すのであれば、花の1本巻き束にウエディングっぽい装飾を付けるくらいがせいぜいだと思います。それ以上のものは、手間も費用もバカになりません。
 よほど少人数に絞った結婚式ならば、それなりに本数を入れたブーケとか、手のひらサイズのアレンジメントという手もあります。しかし、どちらにしろ当日の朝に花嫁が時間をかけなければなりませんので、よほど熱心に「どうしても作る!」と思っている花嫁にしかおすすめできません。

 「全員一律」よりも現実的なのは、「特定の誰かに渡す」方法です。もっとも一般的なのは、「未婚女性の方専用のお土産」です。ブーケトスのイベントはしないで、「全員にプチフラワーを配る」という演出にするのです。
 「トスブーケの代わりの花」は、花屋に用意させてもよく、特に自作フラワーでなくてもいいとは思いますが、フラワー経験者で、当日の手間を余裕でクリアできるひとなら、心のこもった花のプレゼントは喜ばれると思います。

 花のスタイルとしては、プチブーケか、プチアレンジで、引き出物の袋に一緒に入れられるものがいいです。アレンジだったら、前日に仕上げまで作れますから、当日を楽にしたい場合にはおすすめです。

 以上は生花の場合でして、プリザやドライフラワーアレンジの技術を持っている人なら、ずっと前からあらかじめ用意しておけるので更に楽です。やたらに大きいものを作る必要は無く、プリザだったら、コサージ並みの大きさでも十分だと思います。

◇フラワー製作経験の無い人でもできること

 上の項のようなものを、フラワー製作の経験が無い人が同じように作ることは難しいです。生花のブーケ、アレンジメントは、どんなに小さなものでも、避けたほうが賢明です。

 可能性があるとすれば、相当ギフトを渡す人数を絞って、ほんの数人のレベルにし、プリザの手作りキットの力を借りて作る方法です。

かわいいプリザのミニアレンジ新登場!【プリザーブドフラワー手作りキット】
【手作りキット】/かわいいプリザのミニアレンジ新登場!プリザーブドフラワー

 本当に一度も製作経験が無いのであれば、なるべく小さいものを作ることをおすすめします。そもそも、ギフトの性質上、あまり大きくても変ですし、引き出物の袋に入る程度がいいのですから、小さくておかしいことなどありません。

 そして、これは特におすすめしたいわけではないのですが、既製品のプリザアレンジを見て、「こうすれば私でもそれほど負担無く作れるわ」という自己流作製方法を見つけられた人は、手作りキットの力を借りずに作ることもアリだと思います。ただし、「勝算があるなら」です。
 手芸の経験豊富な人、手作りアイデアの豊富な人、工夫して作ることが好きな人、もともと手先が器用で仕事がきれいにできるタイプの人……こんな人なら、単純なプリザ飾りの製作くらいは十分できると思います。
「あれと、あれを買ってきて、接着剤で付ければいい」
「こうやってくっつけて、上からリボンを飾れば、ボンドの跡が隠せる」
……などの具体的なことが思い浮かべられる人なら、ミニミニアレンジくらいはイケます!
 モノ作り経験があって、作業の結果を予測できる人なら、チャレンジしてみてもいいと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.