◆イベント関連装花について

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きをお読みください。

※フラワーケーキ装花と、ケーキナイフ装花については、こちらのページをご覧ください→ケーキ装花に関する覚え書き

※この記事では、キャンドルフラワーキャンドルトーチフラワー樽酒装花について解説します。

◇キャンドルフラワーと、キャンドルトーチフラワー

 ここで言う「キャンドルフラワー」とは、新郎新婦が点火するメインキャンドルの装花のことです。
 最近は、昔ほどキャンドルサービスを仰々しくやらないカップルが多いようで、キャンドルフラワーの値段も抑え目の傾向という話もありますが、それでも金額の相場としては、5,000円〜1万円くらいになるでしょう。
 花屋さん的感触を言うと、

「5,000円より下」……抑えましたね
「5,000円〜1万円」……一番よくあるゾーンですね
「1万円より上」……頑張るなあ。点火写真の良いのを残したいのかな

と、いう感じでしょうか。
 キャンドルの点火のタイミングも、ケーキ入刀と同じく、撮影ポイントになりますので、華やかな写真を残したいカップルは、結構キャンドルフラワーをたっぷり使うのです。(花以外の装飾を考えるカップルもいますが)

 キャンドルに点火するときに、キャンドルトーチというものを使い、これにもフラワーの装飾ができます。
 トーチの装花の相場は、3,000円〜5,000円くらいです。5,000円より高いお金を出す人は、少ないと思います。
 節約したい人には、ぜひにとは言いませんが、撮影ポイントであることを考えると、何らかの装飾があった方が良いと思います。花代をかけたくなければ、リボンだけでも付けることをおすすめします。(装飾の付いたトーチを見慣れてしまうと、装飾ゼロのトーチは、なんだか間が抜けて見えることがあります)

◇樽酒装花

 和の演出で、樽酒を用意して鏡開きをすることがあります(私は以前から不思議に持っているのですが、完全に「洋」のしつらえの場合にも、鏡開きの導入は結構アリなのです。日本人だからいいじゃん、ということなのでしょうか)。
 そのときにも、花で装飾をすると華やかになります。樽酒自体のデザインがどうなっているのかが事前に分かると花を作りやすいです。写真があれば一番ですが、無くても、せめて樽の外観は「和テイスト」なのか「洋テイスト」なのかは知りたいところです。(結婚式用に、洋風にアレンジした樽酒もあります)
 樽酒に花を飾る場所としては、樽を置く台に、樽の周りを囲むように置くことが多いです。樽のサイズ、台のサイズをあらかじめ確認し、どんな大きさで作ればいいのかを明らかにしてください。
 樽酒は、1斗樽くらいの大きさが主流だと思いますので(参考:各種 鏡開き用樽酒)、その周りを飾るとなると、あまり小さい装花でもバランスが取れません。ケーキ装花並みか、それ以上の金額になることもあると考えてください。具体的には、2万円から上くらいになると思われます。

 しかし樽酒は、それだけですでにお祝い色全開のアイテムでもありますので、樽をシンプルにテーブルクロスの上に置くだけにする、というケースもよくあります。なので、花が無くても、「おかしい」と思われるようなことはありません。花代を倹約したければ、装花は無しでも良いと思います。
 しかし、木槌の方には、何らかの装飾をした方が良いでしょう。何も付けない木槌ですと、ちょっと色気に欠けます。
 花代をかけたくないなら、リボンだけでもいいのです。白一色のリボンでもいいですが、樽酒に限っては、紅白がにぎにぎしくて「本格的」に見えます。
 生花を木槌に付けるなら、トーチフラワーと同じくらい、つまり3,000円〜5,000円くらいの金額が相場です。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.